文系出身者で「技術・特許翻訳者」を目指す方 ための電気・電子・ITの基礎知識セミナー 3月10日(土) ・17日(土) ・24日(土) 10:30-12:30

文系で実務翻訳家を目指す方のために、
電気系技術の基礎知識を全3回で習得するセミナー

電気・電子・ITについての基礎知識があれば、翻訳をする際、調査効率アップや技術文書の内容理解に役立ちます。電気は目に見えないため、一見すると難しそうですが、基礎から順に学ぶことで誰でも理解できます。また、進歩が速いコンピューターやネットワークの世界も、基本の技術は変わらないので、本セミナーでマスターすれば今後の仕事に役立ちます。この機会に、押さえるべき基礎知識をしっかり学びましょう!

受講料 在校生・卒業生 15,000円(税込) / 一般 19,800円(税込)
教材費 1,620円(税込)「プロが教える電気のすべてがわかる本」ナツメ社 ※各自でご準備ください
講師 中野秀治
大阪大学工学部通信工学科卒業。オムロン㈱でソフトウェア開発、技術企画・調査、マーケティング、技術英語研修講師、英文カタログ・マニュアル制作などを担当。現在はフリーランスで主に特許翻訳に携わりながら、ILC国際語学センター大阪校で特許翻訳(応用)および実務翻訳Ⅲ(英訳基礎)コースを担当。
会場 ILC国際語学センター大阪校
大阪市中央区島之内1-11-30 滋慶第2ビル

講座内容

第1回 3月10日(土) 10:30-12:30

  • 電気の正体、電流・電圧・電力、数値と単位、抵抗とオームの法則、直流と交流、電池、
    電気と磁気、フレミングの法則、スピーカとマイクロホン、
    回路図の見方、抵抗・コイル・コンデンサ、半導体、ダイオード・トランジスタ・IC・LSI

第2回 3月17日(土) 10:30-12:30『コンピューター』

  • コンピューターの歴史、アナログとデジタル、コンピューターのアーキテクチャ、
    ハードウェアとソフトウェア、信号とインタフェース、2進法、コード体系、論理演算、プログラミングとフローチャート

第3回 3月24日(土) 10:30-12:30『通信とネットワーク』

  • 通信の歴史、電波の正体・性質、デジタルテレビ放送、衛星放送とパラボラアンテナ、固定電話・携帯電話のしくみ、インターネットとパケット交換、光ファイバ通信、タブレット端末のカタログを読む

お申込みは終了しました