メディカル分野  ILC国際語学センター大阪校

MENU

メディカル分野

メディカル分野

専門性が高く一般的な英語学習では対応できない分野の英語学習ができます


事例1

【医療機関・治験施設】
臨床英語を習得し、
グローバル治験に貢献したい!

臨床試験英文ライティング

受講対象者 医師、薬剤師、看護師、CRCなど治験従事者
形態 講師派遣型研修/グループレッスン
受講期間 1年間
担当教師 臨床試験関係者のライティング講師、メディカル翻訳者
受講
内容

臨床試験文書に頻出する英単語や表現を学び、医薬分野における前置詞の使い方や英文スタイル、症例報告の入力や有害事象報告にも活用できるライティング力を身につけるため授業内で繰り返し演習に取り組んだ。

臨床試験に関連する専門用語をじっくり学べましたので、仕事で大変役立っています。類義語や、英語と日本語の違いについてもよく分かりました。次は英文で症例報告も書いてみようと思います。


事例2

【医療機関】
外国人患者にも
安心して医療を受けて欲しい!

医療英語 + 日常英会話

受講対象者 医師、薬剤師、看護師など医療従事者
形態 講師派遣型・通学型研修/グループレッスン
受講期間 半年間
担当教師 看護師資格を持った医療通訳者、医療英語講師
受講
内容

医療現場において、医師の使う専門用語を、患者へわかりやすく説明ができる医療英語コミュニケーションを学習。外来、入院患者に合わせたカリキュラムでロールプレイを重ねる。医療従事者が使用する「医学用語」と共に、患者に説明をする際必要となる用語や表現も習得した。

外国人の患者さん対応を、時々任せられることがあるのですが、医学用語がわからず、誤った情報を与えて大きなミスにつながらないかという不安も有りました。レッスンでは何度もロールプレイができますので、とても助かっています。


事例3

【商社・メーカー】
海外赴任先で役立つ医療会話を学びたい

海外赴任・出張者のための医療英会話

受講対象者 海外赴任・出張者
形態 講師派遣型研修/グループレッスン
受講期間 1~3日
担当教師 看護師資格を持った医療通訳者、医療英語講師
受講
内容

痛みや会計方法の確認に必要な英語表現を座学で学び、その後医師、患者、通訳担当である自身を想定したロールプレイでトレーニングを行う。その後ネイティブの医師役とともに実践練習を行い、フィードバックを元に、スピーキング力の向上と専門用語の定着を図る。

海外赴任先でのもしもに備えました。ロールプレイで診察のシチュエーションを思い描きながら何度も練習ができたので、安心です。


医療分野の通学プログラムのご紹介

その他の研修事例

企業研修お見積もり・お問い合わせ


TEL 06-6245-8560 月・火・木・金 10:00~21:00 水・土 10:00~18:30 日祝 定休

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © ILC国際語学センター 大阪校 All Rights Reserved.