メディカル翻訳コース  ILC国際語学センター大阪校

MENU

メディカル翻訳コース

メディカル翻訳コース

翻訳スキルと、翻訳に必要な医学薬学の基礎知識を学ぶことができます。

こんな人に最適

翻訳需要の多い医薬品情報の翻訳を中心にプログラムされています。医薬品の基礎知識を学びたい方に最適なコースです。ガン治療や環境ホルモンなど日常よく耳にする医学情報を取入れるなど、初心者でもわかりやすく専門分野の知識を身に付けることができます。より深い専門知識を吸収したい方には、薬学とバイオに関する概論講座などを別途課外で受講することができます。


ILCのメディカル翻訳コースでは次のことをマスターします

  • メディカルに関する基本的な知識とその専門用語や表現方法
  • 原文の意図を正しく把握し、ターゲット読者が読んで違和感がない文章に仕上げる技術
  • 翻訳作業には必須のPCスキル
  • インターネットを通じて、当該分野での適訳を見つけ、訳文の裏を取ることができる調査力。

カリキュラム

【初級】和訳演習 ※英訳も一部含みます
医学の基礎知識、生化学・遺伝子学の基礎知識、薬学、内科、外科・整形外科、産婦人科、用語・文例などの検索法、泌尿器科、精神科、医事法、医療経済に関する文書



【上級】英訳演習
医薬品添付文書、医学用語の品詞の変換、臨床治験、消化器の潰瘍、抗生物質と腎臓、薬物の相互作用、臨床検査値、体の諸機能の調整に関する文書


時間数 1回140分  全20回
受講料 初級 180,000円(税抜166,666円) 教材費5,500円(税抜5093円)別
上級 189,000円(税抜175,000円) 教材費5,500円(税抜5093円)別
※初めて、ILCのコースを受講される方は、入学金25,000円(税込)が別途必要です。

講師紹介

<初級>
浅野 元子
大阪外国語大学外国語学部英語学科卒業後、製薬会社に勤務し海外部門で主に医薬品のドキュメンテーション業務担当。臨床試験関係者、医薬翻訳者を対象としたセミナー、講義、添削等による人材育成を行う。大阪大学大学院言語文化研究科博士前期課程修了。大阪医科大学総合教育講座語学教室非常勤講師(英語)。

塩 霧都恵
鳥取赤十字病院、大阪労災病院に勤務後、大阪府医師会看護専門学校、滋慶学園大阪保健福祉専門学校にて学科長に就任。大阪市立大学経済学部卒、滋慶科学大学院大学医療管理学研究科医療安全管理学にて修士課程修了。現在兵庫大学看護学部看護学科講師。


<上級>
ジョン・ノーラン
フリーランス翻訳者、ILCメディカル翻訳コース、ビジネス翻訳コース講師。IT、医療・環境・製薬・科学分野に明るく、日本語・ロシア語も堪能。マサチューセッツ大学卒。


山本 明己
大阪大学 医療技術短期大学(現 大阪大学医学部保健学科)卒業後、臨床検査技師を経て、複数の製薬会社で翻訳チェック、プレゼンテーション資料作成、CIOMS翻訳、治験関連文書の翻訳に従事。現在、フリーランスメディカル翻訳者。


翻訳力テストを受験する

メールでのお問い合わせ、資料請求はこちら

TEL 06-6245-8560 月・火・木・金 10:00~21:00 水・土 10:00~18:30 日祝 定休

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © ILC国際語学センター 大阪校 All Rights Reserved.