よくある質問Q&A  ILC国際語学センター大阪校

MENU

よくある質問Q&A

よくある質問Q&A

Q. 開講時期、開講講座の時間帯を教えてください。
A. ほとんどの講座は、4月と10月に開講します。大阪校のWEBトップにある「受講コース一覧(翻訳)」のページで、コース一覧・開講期間・時間がご覧いただけます。また詳細を記載しました募集要項の発送もしておりますので、ご希望の際は、資料をご請求ください。なお、4月と10月以外にも、開講している短期(中期)講座があります。最新情報は、大阪校WEBトップページでお確かめ頂くことが出来ます。
Q. いつどのコースから始めたらよいかよく分りません。目安のようなものがあったら、教えてください。
A. 受講に必要な英語力の目安として、実務翻訳IIはTOEIC750点以上、英検準1級程度以上の方を受講の対象目安としています。また専門コースは、TOEICは860点以上、英検1級程度の実力をお持ちで、すでに何らかの翻訳の経験がある方を対象としています。
ただし、英語力イコール翻訳力ということはなく、翻訳には日本語力や背景知識なども必要になってきます。ILCでは、入学前に「翻訳力テスト」を実施し、総合的な能力を見た上で、適切な受講コースのご提案しております。
Q. 入学時、英語力以外に専門分野の内容について詳しくなければ実務翻訳者にはなれませんか。
A. 確かに、プログラム経験のある方がIT翻訳者に、あるいは薬剤師の方が、メディカル翻訳者となる場合、その経験は有利に働きます。ところが実際ILCの受講生の8割以上は、文系出身者ですが、コース修了後たくさんの方が、ITや医療系の翻訳者としても活躍しています。翻訳者に必要な専門知識とは、翻訳原文に書いてあることを理解できる程度の知識を指します。研究者になろうという訳ではないので、その分野の基礎知識が得られる本を何冊か読み、翻訳者としての専門知識を得ることが重要です。また知識外のことであっても、積極的且つ確かな調査をする必要があります。こうした力も実務翻訳者には重要です。ILC国際語学センターの実務翻訳講座では、以上のような総合的な能力をつけるためのカリキュラムが組まれています。
Q. 専門コースの初級と上級の違いは何でしょうか。
A. 基本的に初級は和訳の授業、上級は英訳が中心となっています。また内容に関しても、上級コースで扱う課題は、難度が高いものとなります。各コースカリキュラムは、ホームページに掲載しておりますので、詳細はそちらをご覧ください。
Q. トライアルとは何ですか。
A. トライアルとは翻訳会社が実施する登録試験のことです。この登録試験に合格すると、翻訳会社に登録することが出来、事実上翻訳家としての第一歩を踏み出すことになります。
Q. 在宅翻訳者を目指しています。バックアップはありますか。
A. ILCでは、専門コース2つを修了すると同時に、翻訳会社のトライアル受験資格が与えられます。現在ILCにトライアル登録試験の問題を提供して頂いている翻訳会社は約15社あります。翻訳会社のトライアルに合格することで、在宅翻訳者としての道が開かれます。
Q. トライアルテストに合格できない場合は、どうしたらいいでしょうか。
A. ILC修了生のトライアルテストの合格率は、約40%です。トライアルは何社でも受けることができますので、1回合格できなかったからと言って、翻訳者になることができないということはありません。専門コース修了後2年間は受験資格がありますので(春・秋期1回の計4回受験可能)、あきらめずに何度もトライしてください。また、ILCでは在宅でのお仕事以外にも、派遣のお仕事や、翻訳会社での翻訳コーディネータやチェッカーの仕事もご紹介していますので、カウンセラーにご相談ください。ILCのホームページでも随時、求人案内を掲載しています。
Q. どのコースを修了すると、トライアル(登録試験)を受ける資格がもらえますか。
A. ILCでは、専門コース(技術翻訳1・2メディカル翻訳初級・上級特許翻訳基礎・応用)のうち2講座を修了された方に、トライアル受験資格が2年間与えられます。実務経験がない場合、トライアルを受けることさえ難しい中、ILCの専門コース修了生は、その実務経験があると見なされ、提携している主要翻訳会社のトライアルを受けることができるのです。

TEL 06-6245-8560 月・火・木・金 10:00~21:00 水・土 10:00~18:30 日祝 定休

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © ILC国際語学センター 大阪校 All Rights Reserved.