What's new  ILC国際語学センター東京

What's new

IELTS対策と勉強方法 第10回:リーディング対策3~リーディングテストについて~

ILC_IELTS_Preparation_Column
第10回:IELTS リーディング対策3

前回に続いて、IELTSのリーディングテストで出題される問題形式の中から2つを選んで解説していきます。そして英文パッセージを読んで、練習問題を解いてください。


(6)本文の内容に合致した選択肢を選ばせる問題


このタイプの問題では、短文がいくつか与えられます。受験者はその中から、設問で問われた話題に関して、本文の内容に合致したものを選びます。この問題では、スキミングとスキャニングを駆使して、本文から特定の情報を引き出せるか、言い換え表現を理解できるかといったことが問われます。

このタイプの問題の解答の仕方を説明します。

まず、設問の指示を注意して読み、選択肢の中からいくつ答えを選ぶのかを確認します。このコラムの練習問題⑥では3つ選ぶことになります。同時に、本文のどの話題について注目すべきかを設問の指示から読み取ります。練習問題⑥では、ロバート•ガードナーの学生の動機付け理論になります。
次に、本文をスキャニングして、その話題が扱われている個所を探し出します。見つけたら、言い換えや類義語に注意を払いながら、その辺りをじっくりと読みます。
最後に、書かれている内容に合致した短文を選びます。


(7)文を完成させる問題


このタイプの問題では、不完全な文が与えられるので、本文で書かれている内容をもとに数語でその空欄部を埋め、文を完成させます。たいていの場合、3語以内で埋めることになりますが、実際の試験では設問の指示をよく読んで使用語数を確認してください。この問題では、本文全体の流れを押さえているか、特定の細かい情報を読めているか、言い換え表現を理解できるかといったことが問われます。

このタイプの問題の解答方法を説明します。

まず、設問の指示を注意して読み、何語使用して文を完成させるのかを確認します。また、使用する語は本文中から抜き出すのか、自分自身の言葉を使って補うのかの確認もします。
次に、与えられた不完全な文全てに目を通し、キーワードになる語句に印をつけておきます。また、不完全な文の空欄部に入る語句は文法的に何であるのかを予想しておきます。動詞(句)が入るのか、名詞(句)が入るのか、形容詞(句)が入るのかという具合にです。本文をスキャニングして、キーワードの語句を探します。該当個所が見つかったら、言い換え表現や類義語に注意を払いながら、じっくりとその辺りを読みます。
最後に、空欄部に文法的•意味的に可能な語句を書き入れます。

<英文パッセージ>
Motivation and learning a language


What are the underlying reasons that influence someone to begin and maintain the study of a second language? While there may be various influences that affect the learning process, such as learning styles, personality, social context, and age, the area of learner motivation appears to have a great deal of importance on this process. It is believed that motivation is one of the most important factors that determines the rate and success of learning a second language. It provides the primary impetus to initiate learning a language and later the driving force to sustain the long and often tedious learning process.

It has only been in the last two to three decades that an effort has been made to investigate the role and nature of motivation in learning a second language. One of the most influential researchers in this field has been Robert Gardner, who placed motivation in a social-psychological context thereby giving motivation a social dimension. Focussing on language learners in the multicultural setting of Canada, Gardner considered the motivation to learn the language of the other community to be the primary force for enhancing or hindering intercultural communication and affiliation.

Two aspects of his approach were Integrative and Instrumental Motivation. The concept of Integrative Motivation is concerned with the positive attitudes a learner has to the target language community and their desire to interact with members of that community or even become part of that community. On the other hand, Instrumental Motivation relates to functional reasons or practical goals for learning a language such as passing an examination, getting a better job or promotion.

While acknowledging the influential contributions that Gardner’s social-psychological model has made to the understanding of motivation, it is argued that a wider definition and understanding of student motivation is required. Extending the boundaries of motivational research has resulted in alternative models and an evolution in language learner motivation theory. There are in fact different attitudes and orientations that seem to be important in ways that vary from situation to situation.

Kimberly Noels from the University of Ottawa extends the understanding of student motivation by presenting four orientations that have a greater influence on a learner’s reasons for studying a second language. These orientations include; travel, friendship, knowledge and instrumental orientation. Motivation resulting from a travel orientation has also been reported by Yoshiko Mori from Georgetown University. In her research of Japanese learners, Mori discovered that travelling and studying overseas, rather than a desire to integrate into the target language community, were viewed as strong motivational factors in learning a second language

Another new conceptualisation of student motivation has been offered by Zoltan Dornyei (Eotvois University, Hungary) who re-orientates the idea of motivation in respect to a theory of self and identity. Student motivation can be better understood by relating it to aspects of personality psychology, which sees individuals’ perceptions of the self right at the heart of motivation and action. Involved in this idea of self and identity is the idea of the ‘possible selves’ which represent the individuals’ ideas of what they might become, what they would like to become, and what they are afraid of becoming.

This idea of ‘possible selves’ is further broken down into different types, for example, ‘the ideal self’ which represents the attributes that someone would ideally like to possess such as hopes, aspirations, or wishes, and ‘the ought self’ which refers to attributes that one believes one ought to possess such as a student’s sense of duty, obligation, or responsibility. For Dorynei, motivation to learn a language comes not from positive feelings towards the target language community but more from internal representations of what we would like to be or what we think is expected of us.

This approach to students’ motivation is further supported by Bonny Norton from the University of British Columbia. She presents the idea of an imagined community that learners are interested in integrating into. While Gardner saw integration into the local community as a key motivating factor for learning a language, Norton extends this concept to incorporate an imaginary global community. This concept of an imagined community can be used with the emergence of ‘World English identities’ where English is viewed as a world language thereby establishing a virtual language community. This perspective claims that the idea of an imagined community develops in learners an imagined identity which can be used to stimulate motivation towards learning.

The idea of an imagined community with World English as its language finds further support with research conducted at Kansai University by Tomoko Yashima. She argues that students who have a greater interest in international issues, work and activities seem to be motivated to study a second language. According to this research, learners who are conscious of how they relate themselves to the world tend to be motivated to study English, as they probably visualize ‘English-using selves’ clearly.

Idealised notions of what learners would like to be can be situated in the context of a virtual language community. There has been a departure from Gardner’s original definition claiming a learner’s desire to interact with the local community as being a major motivational factor. These new notions see integration into a global community, i.e. World English, as motivational forces in the acquisition of English.


<(6)についての練習問題>

Questions 1)-3)
Which THREE of the following statements are true of Robert Gardner’s theory of student motivation?
A. The desire to gain some external reward influences learner motivation.
B. The theory was developed over 40 years ago.
C. His research focused on local factors that influence a learner’s motivation.
D. The personality and age of a student affects motivation.
E. Motivation is not the most important aspect of a student’s approach to learning a language.
F. Motivation is influenced by a student’s feelings towards a particular group of people.


<(7)についての練習問題>

Questions 4)-8)
Complete the sentences below using words taken from the reading passage. Use no more than THREE words for each answer.
4) Mori’s research found out that integrating into a community was less important than ______________.
5) A new approach to student motivation argued by Dornyei relates to the idea of _______________.
6) The concepts of ‘the ideal self’ and ‘the ought self’ represent what students want to be and what is ___________.
7) The concept of an imaginary global community develops in learners __________.
8) Yashima claims that students appear to be motivated to study a second language if they have interests in global affairs, _________________.


<練習問題の解答>

1) A 2) C 3) F (in any order)
4) travelling and studying.
5) self and identity
6) expected of them
7) an imagined identity
8) work and identity


本記事の著作権はILC国際語学センターに帰属します。個人での利用を除き、転載・引用を禁じます。
※本記事は、2007年に週間Student Timesに掲載された記事を転載しております。現在とは問題形式が異なる場合がございますので、必ず最新情報はご自身でお調べください。

ILC IELTS Preparation Course

IELTS対策と勉強方法 第9回:リーディング対策2 ~リーディングテストについて~

ILC_IELTS_Preparation_Column
第9回:リーディング対策2

前回に引き続き、IELTSのリーディングテストで出題される問題形式の中から2つを選んで解説をしていきます。

(2)内容の真偽を問う問題


このタイプの問題では、短文がいくつか与えられます。受験者はそれらの短文が本文の内容に一致しているかどうかを判断します。直接本文で述べられていることからだけではなく、言外に含まれたことから作者の意見を読み取る力も必要とされます。この問題では、受験者が本文から正確な情報を探し出せるか、作者の意見を正しく理解しているか、正しく推論できるかといったことが問われます。

このタイプの問題の解答の仕方を説明します。

まず、与えられた短文全てに目を通します。短文中のキーワードになる語句には線を引くなどして印をつけておいて、後で本文から該当箇所を探すときに役立てます。

次に、本文をスキャニングして、短文中のキーワードを探し出します。ある短文のキーワードを探している途中で、別の短文に関係したキーワードを見つけたときは、その個所に印をつけておき、後で分かるようにしておきます。
本文中にここだと思う個所を見つけたら、そのあたりをじっくり読みます。短文の内容が本文の内容と合致していたら、TRUEと解答欄に書き、そうでなければ、FALSEと解答欄に書きます。短文の内容に関して、本文中には言及されていない、情報が与えられていないという場合には、NOT GIVENと書きます。答えが分からなくても、本文で扱われている話題に関して自分が持っている知識を基にして、またこの作者ならこのように考えるだろうと推量して、必ず答えを書くようにしましょう。

短文中で使われている語句に注意することが大切です。このタイプの問題では、言い換えや類義語がとても多く使われます。また、法助動詞(have to / must / will / can など)、副詞(always / never / usually など)、数量詞(most / many a few / some / all など)にも注意を払いましょう。これらの単語は、短文内での使われ方によって、本文の意味内容と微妙に異なったり、まったく違う意味内容になったりするからです。


(3)選択肢の中から適切なものを選ばせる問題


このタイプの問題では、不完全な短文の書き出しそれぞれに対して、その後半部になる4つの選択肢が与えられます。受験者は短文の書き出しにつながるように、4つの選択肢の中から最も適切なものを1つ選びます。この問題では、本文全体の要旨をしっかりと理解しているか、個々の細かい点についても押さえているか、といった本文の内容理解が問われることになります。

このタイプの問題の解答の仕方を説明します。

まず、与えられた書き出し部分を読んで、本文のどの箇所について述べられたものなのかを把握します。本文全体の要旨を述べたものなのか、本文の特定の細かい点について述べたものなのかを見極めます。本文全体の要旨についてであれば、本文をスキミングして素早く要旨をつかみます。本文の特定の細かい点についてであれば、本文をスキャニングして素早くキーワードを見つけます。
最後に、本文の内容に合うように、選択肢の中から最も適切なものを1つ選びます。

英文パッセージ
English and World Englishes


A common observation about the use of English around the world has lead to the claim that English has become the most widely taught, read and spoken language that the world has ever known. It has official status in 60 countries, and is highly visible in another 20 more. Within these contexts, it is used as the dominant language for books, academic journals, the media and international sports and entertainment. Given this wide spread and usage of English, it would seem inappropriate to view the language as the sole property of any one community of people, be they English, American, Australian or any other.

It is necessary to view English not as a language that is spoken by a homogeneous group of people; it is in fact spoken by a wide variety of people and as such is always being influenced by and mixed with specific cultural and social realities. Many people see this development of pluralism in the English language as leading to a variety of World Englishes that is in the constant process of developing new norms in English. While these varieties of English have much in common, they are also quite unique in their grammatical innovations and tolerances, lexicons, pronunciation, idioms and discourse.

Due to this spread of English and the consequent development of regional varieties, a question that needs to be asked by learners, teachers, administrators and policy makers is what variety of English should be taught and learnt. If there is no reason to think that the development of one variety is any stranger than the other, then what is best for learners in a specific context? Such kinds of questions seem to be at the core of English language teaching around the world.

The emergence of English varieties makes it quite clear that people can not be expected to conform to the norm of a group to which they do not belong. In addition, students should be treated as people in their own right, not as deficient native speakers. The growth of World Englishes leads to the emergence of people speaking differently from each other which is not better or worse, but just different. It needs to be understood that the new emerging English varieties carry the weight of different experiences in different surroundings.

Addressing the problem of what standard of English to teach, students, teachers and administrators should accept that students need to make the language their own, identify with it, and not let the teacher impose authority upon them in the form of an alien pattern of behaviour. All those involved in the learning process need to focus on creating a local variety of English and not on adopting Western cultural norms.

The nurture of local varieties can be achieved through the development of authentic local texts and materials which have a focus on regional cultures. Giving local people a “voice” by having the people in the materials be people who learners can identify with creates culturally appropriate varieties of English based on the regional use of English. Most importantly, there is a need to present non-native speakers as skilled users of English in textbooks and materials in order to convince students that they are successful multi-competent speakers, not failed native speakers.

Viewing non-native speaking teachers as effective and appropriate teachers is also crucial in the development of a local variety. For instance, Educated Japanese English places emphasis on interactions with Asian nations and cultures. Therefore, a local teacher or one from the region is more likely to be successful. This is due to such teachers having a greater control over the variety being taught, and the fact that they best relate to the experiences of learners. Students may prefer the fallible non-native speaking teacher who presents a more achievable model.

The spread of English as a global language has occurred because it serves the communicative and communal needs of various communities and nations around the world. Accepting this, it is then logical that the language itself will be diverse reflecting the pragmatic and cultural norms of the local variety. Therefore, there is a need to move from irrational traditionalism to dynamic pragmatism. The challenge for those involved in English Language Teaching is the recognition and development of local varieties that exist alongside international standards of intelligibility. Also, of great importance is the recognition that differences in use should not be viewed as errors or deviants from some ‘Anglo’ norm.


【(2)の練習問題】

Do the following statements agree with the information in the reading passage? On your answer sheet write
TRUE if the statement agrees with the information
FALSE if the statement contradicts the information
NOT GIVEN if there is no information on this

1) Many countries use English because it is the easiest language to learn.
2) Industrialized Western nations are the owners of English.
3) Local cultural and social situations have an effect on the use of English.
4) World Englishes share similarities and differences.
5) All people involved in English Language Teaching have reached a consensus about what variety to teach.


【(3)の練習問題】

Choose the correct letter, A, B, C or D.

1) The growth in English varieties means students should be
A focused on learning native speaker’s form of English.
B conforming to one style of English.
C respected as individuals and not unsuccessful speakers of English.
D taught by native speakers.

2) People who speak World Englishes are
A better than native speakers.
B different from native speakers.
C worse than native speakers.
D similar to native speakers.

3) Course books should concentrate on
A local cultures and people.
B traditional English culture.
C the international use of English.
D developing speaking skills.

4) The development of a local variety of English in Japan needs to involve
A communication practice.
B using native English speaking teachers.
C the use of non-native English speaking teachers.
D educating Japanese people about English culture.

5) English as a world language has developed because of
A Western economic power.
B the influence of Western popular culture.
C the spread of the Internet.
D the necessity for communities and countries to communicate with each other.

6) Everyone participating in English Language Teaching needs to acknowledge
A that their variety is sub standard.
B global standards of understanding.
C the cultural norms of native English speaking countries.
D traditional teaching approaches.

7) The writer argues that
A English is the key to economic success.
B students need to focus on the traditional forms of the language.
C the number of people learning English has reached a peak.
D World Englishes should be encouraged and developed.


【練習問題の解答】

② 1) NOT GIVEN 2) FALSE 3) TRUE 4) TRUE 5) FALSE
③ 1) C 2) B 3) A 4) C 5) D 6) B 7) D


本記事の著作権はILC国際語学センターに帰属します。個人での利用を除き、転載・引用を禁じます。
※本記事は、2007年に週間Student Timesに掲載された記事を転載しております。現在とは問題形式が異なる場合がございますので、必ず最新情報はご自身でお調べください。

ILC IELTS Preparation Course

IELTS対策と勉強方法 第8回:リーディング対策1~リーディングテストについて~

ILC_IELTS_Preparation_Column
第8回:リーディング対策1

今回からIELTSのリーディングテストの解説をしていきます。
リーディングテストでは、1時間で1つ500〜900語からなる英文パッセージを3つ読むことが求められます。1番目のパッセージよりも2番目のほうが、2番目よりも3番目のほうが難しくなります。同じように、問題の難易度も徐々に高くなっていきます。問題数は総計40題で、1時間内に解答用紙に答えを記入しなくてはいけません。

リーディングテストの問題形式


リーディングテストでとわれる問題の形式には、以下のようなものがあります。

①段落の内容を表す小見出しを選ばせるもの
②内容の真偽を問うもの
③選択肢の中から適切なものを選ばせるもの
④図表を完成させるもの
⑤要約を完成させるもの
⑥本文の内容に合致した選択肢を選ばせるもの
⑦文を完成させるもの
⑧質問に短く答えさせるもの
⑨原因と結果を結びつけさせるもの


1つの英文パッセージにはふつう2つか3つの問題形式が用意されています。同じ問題形式の問題であれば、問題の答えは問題の順に本文中にあるのがふつうです。つまり、問題1の答えがまず本文に現れ、問題2の答えがそれよりも後の本文に現れるといった具合です。しかしながら、問題形式が変わるとこの限りではないので、本文をまた始めから読む必要がでてくるかもしれません。

「リーディングテストでは、全ての問題に解答する時間的余裕がなかった」と試験後にこぼす受験者がほとんどです。一般的に言って、1時間で3つの英文パッセージの全ての単語にじっくり目を通し、全ての問題に答える十分な時間はありません。したがって、スキミング(skimming)スキャニング(scanning)、その他の時間を節約する戦略を駆使することによって、読むスピードを上げることが重要になってきます。

スキミング・スキャニングについて


スキミングとは、ざっと文章に目を通して、書かれている内容の要点をすばやくつかむことです。
たとえば、私たちは新聞を読むときに、全ての記事を詳細に読まないでも、スキミングをすることで自分にとって興味のある記事を見つけています。リーディングテストでは、注意深くしっかりと読むべき箇所を見つけるために本文をスキミングします。スキミングによって本文全体を何度も読みかえす必要がなくなります。

スキャニングとは、ざっと文章に目を通して、特定の名前や数字の事実を見つけ出すことです。
たとえば、私たちはテレビの番組表を見るときに、スキャニングをして番組の名前と放送時間を見つけています。スキミングとスキャニングは、特定の情報が書かれている場所をいち早く探し出したり、文章中でもっとも重要な箇所に目を向けるのに役立ちます。

また、本文のタイトル、付属の写真、本文中のサブタイトルなどに注意を払うことも、本文の内容と構成をより速く理解することに貢献します。

リーディングには語い力が必須


IELTSの4つのセクション全体を通じて、語彙はとても重要ではありますが、リーディングのセクションで特に重要になってきます。リーディングのテストでは、受験者が語彙を正しく理解しているか、似た意味を持つ単語を理解しているかといったことが問われることが多いです。同じ意味内容を表現するために、違う言葉を用いて句や文を言い換えること(paraphrasing)が頻繁に起こるので、言い換えに注目しましょう。
言い換えには、類義語(synonym)―形は違うが似た意味を持つ言葉―も利用されます。たいていの場合、設問中で使われている表現は、本文で使われている表現と表面上は異なってみえますが、意味内容は同じなのです。次のチャート中の文を見比べてください。使用されている語彙や表現は異なりますが、述べている内容はほとんど同じといえます。

<1>IELTS test takers are assessed on their range of vocabulary in all parts of the exam.
<2>Throughout the whole exam, the lexical resource of IELTS exam candidates is evaluated.

上の2文に現れる言い換えの箇所を抜き出してみると次のようになります。
太字は類義語になります。

<1>IELTS test takers / assessed / in all parts of the exam / range of vocabulary
<2>IELTS exam candidates / evaluated / throughout the whole exam / lexical resources


以下では、冒頭で触れた①の形式の問題を説明します。そして英文パッセージを読み、練習問題を解いてください。

(1)段落の内容を表す小見出しを選ばせる問題


このタイプの問題では、小見出しがいくつか与えられます。受験者は本文のそれぞれの段落に対して、最もふさわしい小見出しを選んでいきます。本文の段落の数よりも選択肢で与えられる小見出しの数のほうが多いでしょう。選択肢の小見出しは、同じものは1回しか使ってはいけません。この問題の課題をうまくこなしていくためには、それぞれの段落の要旨を押さえる必要があります。正解の小見出しはその段落の要旨を一言で表現したものになります。

このタイプの問題の解答の仕方を説明します。
まず、問題の指示を注意して読み、小見出しにざっと目を通してキーワードとなる言葉を記憶します。
次に、最初の段落を読んでいくのですが、細かいことや見慣れない単語に気をそらされることなく、中心となる考え、つまり要旨を押さえるように意識を集中させます。小見出しと本文の文章との間の言い換え表現と類義語に注意します。
最後に、段落の内容をもっともよくまとめている小見出しを選択肢から選びます。一般的な規則として言えるのは、段落の中心となる考えは、段落の1番始めの文か最後の文に書かれていることが多いということです。しかし、この規則は絶対的なものではないので、この規則が常にあてはまるわけではありません。


<英文パッセージ>
PUTTING THE FUN BACK INTO FEELING FIT


A) Although you may be a typically busy worker, in Japan there is no shortage of easy exercise options to help keep you in shape. There is an abundance of “10 minute-fitness” clubs where you can have a quick workout without even changing your clothes. Also, varieties of home exercise videos or machines are becoming increasingly popular. If these options do not take your fancy, then there is always the large number of gyms, both private and municipal.

B) However, some people always want something more and different. Calling itself a “sports theme park,” Muscle Park in Tokyo’s waterfront Odaiba district offers visitors opportunities to test their physical strength and condition while having fun in an amusement-park atmosphere. Whatever its name may suggest, the park has nothing to do with body-building, and instead features nine indoor amusement facilities where you can enjoy an exciting variety of sporty pursuits. By combining sports and entertainment, the park has tried to create a new type of amusement park where men and women of all ages can enjoy themselves.

C) In fact, like those 10-minute fitness clubs, visitors to Muscle Park do not even need to change their clothes to try out any of the facilities. Some of the activities, however, require more physical ability than others. Those rising to the challenge of Sasuke- the hardest attraction- must first hang by their fingertips from a narrow ledge as if they were rock climbers, and then try to move sideways. In the “Ranking Park,” visitors can test their balance and coordination using specially designed equipment. In the end, as a dubious reward for such exertions, visitors are rewarded with an assessment by park staff of their physical ability. But do not be deterred since the nine areas also include a puzzle section and a kids’ park, providing chances for all age groups with different physical abilities to enjoy themselves.

D) If Muscle Park strikes a familiar chord, it is maybe because it is a spin-off from the popular TBS television program Muscle Ranking. In the program, athletes competed in various sporting activities to determine who was the best all-rounder in terms of physical abilities. The show was so popular that viewers contacted the program saying that they wanted to do those sports too, and that was the start of the idea for an amusement park. To create this real TV atmosphere, park staff deliver running commentaries through microphones for each player, in the same way the TV program hosts did for the shows football-shooting and baseball-pitching games.

E) If you are an athlete who pursues sheer joy and excitement through sports, you may well think that you can do that in any outdoor field under the sun. So why would you choose to sweat in a pastel-colored amusement park inside a bustling mall in Odaiba, kicking and hitting balls and jumping up and down on machines with lots of people watching? What is unique about this sports theme park is that Odaiba is a dating place and tourist spot. Visitors may not particularly like sports, and may not be serious sports players but the atmosphere targets those people so they can casually play sports and find out how enjoyable they are. Also, during their date, couples can try the games, and in that way they may be able to impress their dates.

(By Yoko Hani, The Japan Times, Aug.19 2007)

<練習問題>

Choose the correct heading for paragraphs A) to E).
1) Sport is best when it is outside.
2) Getting inspiration from elsewhere.
3) A variety of ways to stay healthy.
4) Better than the television.
5) An unusual mix.
6) A short and easy option for professionals.
7) Not just for experienced sports people.
8) An enjoyable assessment of personal fitness.

<練習問題の解答>

Paragraph Headings
A. 3
B. 5
C. 8
D. 2
E. 7


本記事の著作権はILC国際語学センターに帰属します。個人での利用を除き、転載・引用を禁じます。
※本記事は、2007年に週間Student Timesに掲載された記事を転載しております。現在とは問題形式が異なる場合がございますので、必ず最新情報はご自身でお調べください。

IELTS対策と勉強方法 第7回:ライティング対策4~エッセーの書き方~

ILC_IELTS_Preparation_Column
第7回:ライティング対策4 ~エッセーの書き方~

 前回の記事でも書いたように、IELTSの課題2で書くエッセーの文体は、アカデミックな書き物と同じフォーマルな文体でなくてはいけません。受験者のライティング能力を測るために、さまざまなタイプの問題が用意されています。

例えば、(1)異なる意見を出させたうえで、受験者自身の意見を問う問題 (2)物事の長所と短所を議論させる問題 (3)ある話題に関して賛成か反対かを問う問題 (4)問題に対する解決策を提示させる問題などです。
 
課題2では、受験者が自分の考えを明瞭かつ適切に示すことができるかに主眼が置かれています。イントロダクションから本論を経てコンクルージョンに至る一連の流れが明瞭であるように、エッセーの構造がなっていなくてはいけません。さらに、1つの段落内においても、また、段落と段落の間においても、話に齟齬がなく論理が一貫していなくてはいけません。関係詞節、接続詞、その他の文をつなぐ語句(therefore, furthermore, however, on the other hand, etc.)を効果的に使い、文と文をつないでいくことが重要です。
 
エッセーを書き始める前に重要になるのが、出題された話題に関係した考えを慎重に吟味し、それらの考えを論理的にまとめる構想を練ることです。この吟味と構想を練る過程は非常に重要であり、何を書くにしても、書き始める前に意識を集中させなくてはならないことです。


■エッセーの基本的な構成


 IELTSのエッセーの問題には、Topic(論題)とFocus(争点・論点)があります。

次の出題例を見てください。

【出題例1】

As technology continues to develop, many traditional skills, customs and ways of life are under threat. It has been argued that it is a waste of time trying to maintain such things.
To what extent do you agree or disagree with this idea?

この問題では、Topicは「テクノロジーが伝統的な生活様式に与える影響」になります。そして、Focusの「伝統的な生活様式を保持していくことは無駄なことであるか否か」を議論することになります。
IELTSのエッセーでは、受験者の意見それ自体に「正しい」「間違っている」の評価はされません。ですから、無駄であると思えば賛成すればよいし、無駄ではないと思えば反対すればいいのです。賛成と反対の意見を両方提示してもかまいません。重要なのは、どちらの側に立って意見をするかではなく、どのようにうまく議論を展開し、自分の主張を説得力のあるものにできるかです。また、提示する意見の数も重要ですが、意見の質と意見を効果的に表現できていることのほうがはるかに評価されます。

 一般論として、英語の文章を書く時には、Introduction(イントロダクション)からSupporting paragraphs=Main body(自分の意見を支持する段落=本論)へ、そして最後にConclusion (コンクルージョン)で終える基本的なパラグラフ構成に則って書くべきです。この流れをわかりやすくチャートで模式的に表すと次のようになります。

注意すべきことは、ここで言うイントロダクションは、日本語の文章構成で言うところの「起承転結」の「起」とは違いますし、また、コンクルージョンも日本語の「結論」という言葉からイメージする概念とは異なっています。ですから、以下の説明をよく読んで、英語の基本的なパラグラフ構成を覚えてください。


■各部分を書くにあたってのポイント



 イントロダクションを書く時には、エッセーを読む人が出題された問題を目にしていないと仮定して、その人にも分かるように問題のTopicとFocusの内容を書きます。しかしながら、出題された問題をそのまま引用するのではなく、自分の言葉で問題を言い換えて書かなくてはいけません。そしてその後で、自分の主たる意見・考えを提示します。このイントロダクションの段階では、事細かに意見を述べたり、議論を展開してはいけません。そういったことは、本論でやります。では、例題に対するイントロダクションの解答例を書いてみましょう。

イントロダクションの解答例

Technology is increasing at a remarkable speed and this has led to great advances that have made our lives so much easier. As a consequence, many traditional practices are being lost as we accept more and more the benefits of modern technology. While some people claim that this is inevitable and that it is pointless to maintain such traditional ways of life, it could easily be argued that it is vitally important to keep traditional skills and ways of life.

 本論は、イントロダクションで提示した自分の主たる意見・考えを支持するいくつかの段落からなります。意見・考えを十分に支持するには、最低2〜3の段落が必要になるでしょう。トピックセンテンスで段落を書き始めると、その段落が読みやすくなります。
トピックセンテンスとは、その段落内で1番言いたいことを簡潔に述べた文のことです。トピックセンテンスの後には、具体例をだして自分の意見の正当性を事実で裏付けしたり、考えをさらに発展させたり説明したりします。では、本論の解答例を(一部)書いてみましょう。

本論の解答例:

It is generally believed that traditional ways and skills have developed over a long period of time to become what they are today. Therefore, they reflect our history and can tell us a lot about who we are. For instance, traditional house building practices in Japan illustrate the strong relationship Japanese people have had with nature. To lose such skills is to lose a part of our history and understanding of who we are and where we have come from. The connection we have with the past through traditional skills and ways of life means it is crucial for us to protect them in the face of advancing technology.

 コンクルージョンでは、これまで書いてきたことを要約することになります。もう一度自分の言葉で問題のTopicを言い換えます。そして最後に、イントロダクションで述べた自分の意見をここで改めて再確認します。ここで言い換えをするときに、前と同じ単語や表現を繰り返して使わないようにします。また、コンクルージョンの中では、これまで述べていない考えを新たに提示してはいけません。あくまでも、これまで述べてきたことを要約するにとどめてください。では、コンクルージョンの解答例を書いてみましょう。

コンクルージョンの解答例

The ever increasing development of technology is having profound effects on our life. The impact is especially seen in relation to traditional skills and ways of life. However, such aspects should be maintained because they connect us to our history, and give us a sense of identity. This is why it is necessary to protect traditional skills and ways of life.

 特にアカデミックな文章を書くときには、接続詞や文と文をつなぐ語句を適切に使うことが重要になります。つなぎの語句は、文と文を論理的に関係づけます。読者は文と文の間の論理的な関係が明らかになることで、議論の展開を理解したり、予想したりすることが容易になります。howeverやalthoughは対比をなす概念を導入します。thereforeやconsequentlyは結果を表す概念を導入します。furthermoreやin additionは追加的な概念を導入します。
 

 最後に、もう1題別の出題例とその解答例を書いておきます。

【出題例2】

It has become popular for high school graduates to take a ‘gap year’ before entering university. It is claimed that travelling or working for a year before studying will benefit them personally and academically.

To what extent do you agree or disagree with this idea?

【解答例】

After leaving high school, some graduates choose to go straight into university while others have a break from studying, and travel or work for a period of time. It has been said that taking a break from study has advantages for students on a personal and academic level. This is certainly true but it should be understood that there are dangers in taking time off at this important age.

First of all, by taking a ‘gap year’ young adults are able to get more real life experience. By this I mean, travelling or working will assist in the development of their general knowledge and understanding of different people from foreign countries or even their own country. Interacting with people from various cultures or socio-economic levels provides graduates with a wealth of knowledge about life and the way people live. This is why it is an advantage for high school graduates to take a gap year.

In addition, a ‘gap year’ allows a teenager to have more time to think about what they want to do in their future. Entering university straight after graduating from high school does not give people time to reflect upon their life and decide what is best for them. In fact, it often confuses people and they enter university courses they are unsure about, or have been pushed into by family, teachers and student counsellors. Therefore, taking a gap year is a positive move since it gives graduates time to think about what is best for them.

However, it has been argued that there are certain dangers in taking this time off. It is possible that these people may never return to their studies or may find it very difficult to readapt to a learning environment. For instance, a friend of mine entered the workforce after high school, has continued to work since then, and never thinks about commencing a university course. This is an unfortunate situation because academic qualifications are becoming vitally important in getting a good career. It is for such a reason that taking a gap year might be a negative step for some people.

Overall, it could be argued that it is best for graduates to take a ‘gap year’ as it provides them with many opportunities to broaden their horizons. However, it should be understood that dangers exist and that it is essential for graduates to return to their studies after their ‘gap year’.


本記事の著作権はILC国際語学センターに帰属します。個人での利用を除き、転載・引用を禁じます。
※本記事は、2007年に週間Student Timesに掲載された記事を転載しております。現在とは問題形式が異なる場合がございますので、必ず最新情報はご自身でお調べください。

IELTS対策と勉強方法 第6回:ライティング対策3 ~エッセーの書き方~

ILC_IELTS_Preparation_Column
第6回:ライティング対策3 ~エッセーの書き方~

IELTSのライティングテストの課題2では、与えられた話題に関してエッセーを書くことになります。このエッセーは最低250語なくてはいけません。解答の時間の目安は40分になります。この課題2は課題1よりも配点が高いので、必ず制限時間内に書き上げることが重要です。

受験者のライティング能力を測るためにさまざまなタイプの質問が用意されています。たとえば、(1)議論を促す質問 (2)問題に対する解決策を提示させる質問 (3)意見や物の見方を問う質問などです。
具体的な例題を2つ挙げておきます。

【例題1】Write about the following topic:

It has become popular for high school graduates to take a ‘gap year’ before entering university. It is claimed that travelling or working for a year before studying will benefit them personally and academically.
To what extent do you agree or disagree?Give reasons for your answer and include any relevant examples from your own knowledge or experience.

受験者のライティング能力は、次のような観点で評価されます。
①説得力のある証拠を示して意見を提示しているか。
②自分の意見とは異なる意見に論理的に反論できているか。
③話題に関係ないことには言及せず、関係あることだけに焦点を絞っているか。
④読み手にわかりやすく、論理が首尾一貫しているか。
⑤英語を正確にそして適切に使用しているか。

課題2で出題される話題としては、(1)雇用問題 (2)環境問題 (3)教育問題 (4)社会問題 (5)科学技術 (6)文化 (7)旅行 (8)生き方などがあります。
決められた時間内で意見や考えを書けるようになるためには、継続した練習を要します。ですから、日頃から新聞や雑誌を読んだり、テレビを見たり、授業で討論をしたり、インターネットを使って情報を集めましょう。「これはIELTSの課題2の解答として使えるのではないか?」と、使える表現を意識的に蓄えて準備しておくのがいいでしょう。解答に使えそうな事実、議論、考えや意見はノートに書き留めておくのも試験対策として役立つでしょう。

IELTSのエッセイでは、フォーマルな英語を用いることが求められます。フォーマルな表現はインフォーマルな表現に比べて、客観的で個人的感情を含まないのが特徴です。フォーマルな表現は、アカデミックな書き物の他にも、公文書や公的な報告書などの書類で用いられる文体です。一方、インフォーマルな表現は、新聞や雑誌、個人的な手紙の中で用いられる文体です。課題2のエッセイでは、フォーマルな表現とインフォーマルな表現を混在させることなく、フォーマルな表現で統一して書かなくてはいけません。

■フォーマルな英語で書くことが求められる


フォーマルな書き物の重要な特徴として、個人的な意見を表す表現を避けるということがあります。IELTSの課題2では、個人的な意見を述べて、議論を展開することも認められてはいますが、一般的な意見として意見を述べ、議論をすることをお勧めします。そうすることで、エッセーの客観性を保つことができます。次のチャートを見ていただくと、意見の述べ方に関するフォーマルな表現とインフォーマルな表現の違いがおわかりになると思います。

インフォーマル・フォーマルな表現
フォーマルな書き物の別の特徴として、語句の短縮形を使わないということがあります。IELTSのライティングテストでは、語句の短縮形を使わないようにしてください。たとえば、次の2つの例文の太字の部分の語句を短縮形にしてはいけません。

It is said that people should not / ×(shouldn’t) pollute the environment.
Some people argue that their lifestyles are not / ×(aren’t) responsible for global warming.

フォーマルな書き物の3つ目の特徴として、仮説的な表現を使う傾向を挙げることができます。「AはBだ」のように断定的に書いてしまうと、その陳述があたかも100%真実であるかの印象を読み手に与えます。読み手からの反論を極力招かないためにも、「AはBかもしれない」「たぶんAはBだろう」のように断定的な言い方を避けた方が無難です。具体的には、法助動詞(can, could, should, may, might)、副詞(probably, possibly, perhaps)、形容詞(probable, possible)などを使います。

これらの語句を使った例文
It is argued that companies which pollute the environment should be fined.
Many Japanese parents believe that attending a juku is probably one of the best ways to improve their child’s academic level.
Educating children about food is a possible solution for childhood obesity.


■繰り返しや単文の罹列は避ける



同じ単語や表現を繰り返し使うと、文章が読み手にとって読みづらいものになってしまう場合があります。前に述べたこと・ものは代名詞を使うことで繰り返しを避けることができます。そして、そうすることで文章がもっと読みやすく理解しやすくなります。代名詞は、たいていの場合、前に出た一番近くの名詞(句)を指します。しかしながら、代名詞を使う場合には、代名詞が指す内容がはっきりと読者にもわかるように、注意して使う必要があります。
ここで言う代名詞とは、人称代名詞(he, she, it, they, his, her, its, their, him, them, etc. ...)と指示代名詞(this, that, these, those)のことです。次の例文の太字の部分は代名詞とその代名詞が指す内容を表しています。

Industrial pollution is increasing as the world’s economy develops, and it will continue unless urgent action is taken.
To control the spread of bullying in the high school system, students, teachers and parents need to work together. This will only work with the co-operation of everyone involved.

繰り返しを避けるには、名詞句を段階的に短くして言い換えていく方法もあります。次の例では同じ意味内容を徐々に短く言い換えています。

the increased radiation dosages that would be experienced at sea level
→the radiation dosages experienced at sea level
→the radiation dose at sea level
→sea-level radiation

もっとシンプルな例を挙げると次のような文があります。
University degrees are becoming more and more important throughout the world. With degrees, people are in a position to obtain a better job.


フォーマルな文書では、単文をただ羅列する文章構成はやめましょう。自分の英語力を示すためにも、様々な文構造の文を用い、文と文を論理的につなげていきましょう。文と文をつなげるには、文をつなぐ語句を利用します。
The increasing availability of music that can be downloaded over the Internet has had a serious impact on music companies. Furthermore, musicians have also suffered financially from it.

会話でよく使用される「get up」「put off」「find out」などの句動詞(動詞+前置詞)の使用を避けるのもフォーマルな文書の特徴です。句動詞の代わりに次のチャートにあるような1語の動詞を使いましょう。

旬動詞・1語の動詞
フォーマルな文書とインフォーマルな文書で使用される語彙の違いは、句動詞と1語の動詞だけではありません。次のチャートからもわかるように、名詞、形容詞や副詞などにも違いが現れます。

インフォーマル・フォーマルな動詞
課題2で書くことになる事柄や考えは、一般論として議論されることが多いので、適切な表現として名詞の複数形や不可算名詞を使うことになります。さらに、現在時制は一般的な真理や事実、習慣について述べるときに使われます。

Schools are responsible for the education of their students, but parents also have a responsibility for their children’s educational development.
Knowledge about global warming is extremely important for the development of effective solutions to this problem.

課題1と課題2を書き終えたら、書いた文章を必ず見直しましょう。文法的な間違いを探したり、文章の構成がおかしくないか調べましょう。

自分の書いた文書をチェックする際のポイントとして、次の7つのポイントを挙げておきます。
①主語と動詞の一致
②冠詞
③前置詞
④不可算名詞
⑤語形変化
⑥句読点(ピリオド、カンマ、大文字と小文字の区別など)
⑦単語の綴り

次号では、課題2のエッセイのパラグラフ構成(導入-本論-結論)について見ていこうと思います。

本記事の著作権はILC国際語学センターに帰属します。個人での利用を除き、転載・引用を禁じます。
※本記事は、2007年に週間Student Timesに掲載された記事を転載しております。現在とは問題形式が異なる場合がございますので、必ず最新情報はご自身でお調べください。

ILC IELTS Preparation Course

IELTS対策と勉強方法 第5回:ライティング対策2 ~グラフの描写方法~

ILC_IELTS_Preparation_Column
第5回:ライティング対策2 ~グラフの描写方法~

前回の記事では、折れ線グラフの情報を記述するためには、“変化を表現する語句”を使う必要があるということを見てきました。

今回は、同じく課題1で出題される、別の種類の図表を見ていきましょう。具体的には、棒グラフ、円グラフ、数字の入った表となります。これらの図表から得られる情報を記述するためには、与えられた情報を比較しなくてはならないので、“比較を表現する語句”を使う必要があります。

前回の記事にも書きましたが、この課題1では、図表に示された情報に関して受験者個人の意見を述べることは求められていません。単に、与えられた図表に示された情報を正確に記述すればよいのです。

棒グラフの図表の場合


ILC IELTS対策講座・ライティングテスト

ILC IELTS対策講座・ライティングテスト



上の棒グラフから得られる情報を示し、比較・対照するには、次の3つの項目の正しい使用法を理解しておく必要があります。

①形容詞の比較級
greater than, more common than, the most prevalent など

②副詞
significantly more, considerably less など

③比較・対照を表現する語句
while, whereas, however など

形容詞で書き始めて上の棒グラフで与えられた情報を記述しようとすると、次のようなチャートにまとめることができます。

ILC IELTS対策講座・ライティングテスト チャート1

ILC IELTS対策講座・ライティングテスト チャート1



左のブロック内の語句から右のブロック内の語句を順々に組み合わせることによって、たくさんの文が作れることを示しています。以下、同じようなチャートを用いて説明していきます。
横軸の3つの項目を主語にして書き始めると、次のようなチャートにまとめることができます。

ILC IELTS対策講座・ライティングテスト チャート2

ILC IELTS対策講座・ライティングテスト チャート2



棒グラフの事実に即した例文を挙げると、
1a. In the U.S.A., the greatest amount of crime committed is theft.(チャート1利用)
2a. Violence is the second most prevalent crime in the U.S.A.(チャート2利用)

円グラフの図表の場合


ILC IELTS対策講座・ライティングテスト 円グラフ

ILC IELTS対策講座・ライティングテスト 円グラフ



円グラフでは、棒グラフの時と同じように、グラフの中で示された項目を比較することになります。ですから、まずグラフにある2つの項目に注目して比較しましょう。次のチャートを見てもらうと、どのような構文と語句を用いれば、うまく比較できるかがお分かりになると思います。

ILC IELTS対策講座・ライティングテスト チャート3

ILC IELTS対策講座・ライティングテスト チャート3



ILC IELTS対策講座・ライティングテスト チャート4

ILC IELTS対策講座・ライティングテスト チャート4



ILC IELTS対策講座・ライティングテスト チャート5

ILC IELTS対策講座・ライティングテスト チャート5



円グラフの事実に即した例文を挙げると、

3a. Full-time employment in Japan is considerably more common than casual employment.(チャート3利用)
4a. Part-time employment in Japan is almost as prevalent as casual employment.(チャート3利用)
5. Not as many people are employed in part-time positions as in casual positions.(チャート4利用)
6. Significantly more people in Japan are employed in full-time positions than in part-time positions.(チャート5利用)

棒グラフ、円グラフ、数字の入った表を記述し、図表中の異なる点と似ている点を比較する時に重要になるのが、できるだけ多くの情報を図表中から読み取って報告書にまとめることです。比較の際には、図表中のデータを活用しましょう。図表中のデータを報告書に取り込むには2つのやり方があります。

丸括弧( )を使う。
適切な動詞と共に関係詞節を使う。:which + be, account for, make up など

この2つを上に挙げた例文 1a. 2a. 3a. 4a. に適用すると報告書の情報量が増します。

1b. In the U.S.A., the greatest amount of crime committed is theft (92 cases per 10,000 people).
2b. Violence, which accounts for 71 cases, is the second most prevalent crime in the U.S.A.
3b. Full-time employment in Japan is considerably more common than casual employment (56% and 24% respectively).
4b. Part-time employment in Japan, which makes up 20%, is almost as prevalent as casual employment (24%).

また、while, although, but, whereas, however, on the other hand などの文と文を結び付ける語句を使って、比較することもできます。

7. While theft accounted for 92 cases per 10,000 people in the U.S.A., violence made up 71 cases.
8. Full-time employees constitute 56% of the Japanese workforce. On the other hand, casual and part-time workers make up 24% and 20% respectively.


数字の入った表の場合


最後に、上で述べてきたことを踏まえて、数字の入った表の解答を書いてみましょう。

数字の入った表

数字の入った表



The table provides information concerning the number of adults who attended cultural events in New Zealand over 3 specific time periods.

It can be seen that cinema attendance was considerably more common than all the other activities during the different periods. It accounted for 51% in 2005-06 while the second most popular cultural event was plays, which made up 23%. However, less people attended plays in 2005-06 than in 2001-02 (23% and 26% respectively).

In 2001-02, just over twice as many people went to classical music events (14%) as went to ballet (6%), and this remained much the same in 2005-06 (12% and 6% respectively). During the same time, fractionally more people visited opera events, 9% in 2005-06, than in 2001-02, which was 6%.

Although a lot more people went to plays in 2001-02 (26%) than art galleries/exhibitions (19%), the table shows that in 2005-06, slightly more people attended art galleries/exhibitions, which constituted 26%, than plays, which accounted for 23%.

Overall, most cultural events were attended by more and more adults, but events such as ballet and classical music were slightly less popular over the 3 time periods.

本記事の著作権はILC国際語学センターに帰属します。個人での利用を除き、転載・引用を禁じます。
※本記事は、2007年に週間Student Timesに掲載された記事を転載しております。現在とは問題形式が異なる場合がございますので、必ず最新情報はご自身でお調べください。

ILC IELTS Preparation Course

IELTS対策と勉強方法 第4回:ライティング対策~IELTSのライティングテストについて~

ILC_IELTS_Preparation_Column
第4回:IELTSのライティングテストについて
IELTSのライティングテストでは、2つの異なる課題が与えられ、1時間でそれらを書き上げることが要求されます。

課題1では、与えられた図表の情報を示した報告書を作成することになります。
与えられる図表の種類としては、(1)line graph 折れ線グラフ (2)bar chart 棒グラフ (3)pie chart 円グラフ (4)table 数字の入った表 (5)map 地図などがあります。
この報告書は最低150語なくてはなりません。150語に満たない場合は、減点の対象になりますので注意しましょう。この課題を書き上げる時間的な目安は20分程度になります。

課題2では、エッセーを書くための指示が与えられるので、その指示に従って、最低250語でエッセーを書くことになります。250語に満たない場合に、減点の対象となるのは課題1と同じです。この課題を書き上げる時間的な目安は40分程度になります。
課題1と課題2の得点は合計され、Band Score(1~9)で表示されます。これまでライティングとスピーキングについては1.0刻みで評価されていましたが、IELTS公式サイトによると、7月1日以降はリーディング、リスニングと同様に、0.5刻みで評価されます。

ライティング課題1の報告書の書き方


今回は、課題1の報告書の書き方について見ていきましょう。折れ線グラフから得られる情報を記述する際に重要なのは、適切な時制を使って、時間とともに生じる変化や傾向を書くことです。この課題1では、図表に示された情報に関して受験者個人の意見を述べることは求められていません。単に、与えられた図表に示された情報を正確に記述すればOKです。

折れ線グラフ
変化を記述するためによく使われる動詞があるので、以下にいくつか挙げておきます。

上昇変化を表現する動詞

・Rise (to)/(by)
・Increase (to)/(by)
・Go up (to)/(by)
・Climb (to)/(by)
・Grow (to)/(by)

下降変化を表現する動詞

・Fall (to)/(by)
・Decrease (to)/(by)
・Go down (to)/(by)
・Decline (to)/(by)
・Drop (to)/(by)

その他の変化/状態を表現する動詞

・Remain stable (at)
・Remain steady (at)
・Fluctuate
・Peak (at)
・Level out (at)

これらの動詞を使った例文

1a. In 1998, the unemployment rate in the UK increased to just over 4%.
2a. Between 1998 and 1999, the rate of unemployment in Australia declined by about 1.5%.

変化の程度や速さを表現する副詞を動詞と用いることによって、変化の様子をより詳細に記述できます。

変化の程度を表現する副詞

dramatically
sharply
substantially
significantly
considerably
moderately
slightly

変化の速さを表現する副詞

rapidly
quickly
swiftly
suddenly
steadily
gradually
slowly


これらの副詞を1a. 2a. の例文に用いると変化の様子がもっとはっきりします。

1b. In 1998, the unemployment rate in the UK significantly increased to just over 4%.
2b. Between 1998 and 1999, the rate of unemployment in Australia gradually declined by about 1.5%.

ライティングのテストを通じて、様々な言語表現を駆使し、アピールすることが重要になります。ですから、効果的に変化を表現するためには、動詞だけではなく、名詞を用いても表現できるようになりましょう。

変化を記述するのに使われる名詞としては、次のようなものがあります。

上昇変化を表現する名詞

A rise (in)
An increase (in)
A growth (in)

下降変化を表現する名詞

A fall (in)
A decrease (in)
A decline (in)

その他の変化/状態を表現する名詞

A fluctuation (in)
A peak (of)
A levelling out (at)
A drop (in)


これらの名詞と次の構文を組み合わせて使うと便利です。
There + to be + noun + in 〜.

3. From 1999 to 2001, there was a fluctuation in Australia’s unemployment rate.
4a. In 2002, there was a rise in the number of people not working in the UK.
5a. Between 2001 and 2002, there was a decline in the number of people without work in Australia.


変化の程度や速さを表現する形容詞で名詞を修飾させることによって、変化の様子をより詳細に記述できます。

変化の程度を表現する形容詞

dramatic
sharp
substantial
significant
considerable
moderate
slight

変化の速さを表現する形容詞

rapid
quick
swift
steady
gradual
slow

これらの形容詞を 4a. 5a. の例文に用いると変化の様子がもっとはっきりします。

4b. In 2002, there was a rapid rise in the number of people not working in the UK.
5b. Between 2001 and 2002, there was a considerable decline in the number of people without work in Australia.


この課題1では、前置詞の使い方も重要になります。ある特定の数値に到達したことを+-示すためには、前置詞 “to” を使います。どれくらい変化が生じたのかを示すためには、動詞と一緒に前置詞 “by” を名詞と一緒に前置詞 “of” を使います。

6. Australia’s unemployment rate increased to just over 5% in 2003.
7. The percentage of unemployed British people dropped by 1.5% in 2001.
8. In 2002, there was a rise of 1.5% in Britain’s unemployment rate.

ライティングでは、色々な言語表現を用いるように心掛け、同じ表現を何度も繰り返し使うのは避けましょう。
上に挙げた例文の中で、“英国/豪州の失業者の割合”という意味内容が様々な形で表現されていたのに気が付きましたか?

時制にも気をつける


報告書を書くうえでもう1つ重要なことは、正確な時制の運用です。多くの場合、過去の出来事について報告することになるので、その場合、単純過去を使うことになります。しかしながら、図表によっては、現在進行している事柄や未来の予測をしているものがあるので、使う時制には気をつけましょう。

ライティングで与えられる図表には、たくさんの情報が盛り込まれているので、すべての情報を報告書に書くことは時間的にできません。したがって、書くべき情報の取捨選択が重要になります。まず、折れ線グラフの全体的な傾向を読み取り、その後で、個々の変化に目を向けるようにしましょう。

報告書の書式としては、まず始めに、折れ線グラフが何についての情報を描いたものなのかを導入で説明します。次に、個々の変化について本論で詳述します。そして最後に、全体的なグラフの傾向を結論で要約して終わります。

以上の点を踏まえて、解答例を書いてみましょう。


■課題1の解答例(クリックすると解答例が表示されます。)
The graph provides information concerning the rate of unemployment in the UK and Australia over the period from 1997 to 2006.

According to the graph, the unemployment rate in the UK stood at 2.5% and then significantly increased by 1.5% to just over 4% in 1998. At the same time, Australia’s rate of unemployment went down moderately from 7% to 6.5%. After 1998, there was a gradual decline of 1.5% until 2000 in Australia’s rate while the number of unemployed people in the UK dipped slightly and then remained steady at 4% until 2001.

Between 2001 and 2003, both countries had similar trends with Australia having a higher rate of unemployment during this period. However, during 2003 there was a rapid fall of 1.5% in Australia while the unemployment rate in the UK continued to rise gradually and overtook that of Australia in 2004. From 2004 to 2006, the percentage of people without work in Australia remained constant at just over 4% but the UK’s rate grew steadily and reached a peak of 5.5% in 2006.

Overall, the graph shows how Australia’s rate of unemployment decreased by 3% while that of the UK increased by 3%. From this information, it could be assumed that Australia’s rate of unemployment will continue to decrease in the future.


本記事の著作権はILC国際語学センターに帰属します。個人での利用を除き、転載・引用を禁じます。
※本記事は、2007年に週間Student Timesに掲載された記事を転載しております。現在とは問題形式が異なる場合がございますので、必ず最新情報はご自身でお調べください。

ILC IELTS Preparation Course

IELTS対策と勉強方法 第3回:スピーキング対策~スピーキングテスト、パート1~3の特徴~

ILC_IELTS_Preparation_Column
第3回:スピーキングテスト、パート1~3の特徴 

今回は、IELTS のスピーキングテストの3つのパートについて詳しく見ていきます。これらの3つのパートではそれぞれ異なる課題が与えられ、英語のスピーキング能力が試されます。

まず始めに、試験官は自己紹介をした後で、受験者の名前を聞き、写真付きの受験者カードの提示を求めてきます。パート1では、試験官は4~5分の間に受験者個人や家族のことについて一般的な質問を多くしてきます。質問される可能性のある話題は次のようなものです:

①受験者の家族、家、住んでいる地域、出身国について
②受験者の趣味、興味、余暇の過ごし方について
③受験者の仕事、研究分野について
④受験者の旅行経験について
⑤受験者の好き嫌いについて


パート1で取り上げられる話題


パート1で取り上げられる話題は受験者の生活に関係した事柄ですので、受験者にとって話しやすい話題のはずです。このパートは受験者が試験官に自分がどれくらいすらすらと英語を話せるかを示す絶好の機会になりますので、できるだけたくさん答えるようにしましょう。

日本人の IELTS 受験者によく見受けられるスピーキングテストでの過ちは、質問された話題を膨らませることができないことです。

例えば、試験官の質問 "Where do you live?" に対して、"I live in Kichijoji." とだけ回答して終えているような場合です。この "I live in Kichijoji." という答えは文法的には正しいのですが、残念ながら、短過ぎますし、ある意味不適切な回答であり、もっと伝えられる情報があるはず。

もっとよい答え方としては、
"I live in Kichijoji, which is in west Tokyo and is about 15 minutes from Shinjuku by train. It is well known for shopping and restaurants, and there is a beautiful park there."

このように答えれば、吉祥寺についてよく知らない試験官に、吉祥寺の地理的位置や特徴を十分に伝えられることになります。それと同時に、流ちょうさであるとか、自分の語い力を示すことにもつながります。スピーキングテストでは終始、このように話題をいつも膨らませるように気を配って答える必要があります。

ちなみに、話題を膨らませるには、現在の生活を過去の生活やこれからの生活と比較してみるという方法もあります。
例えば、
"Nowadays, I live in Kichijoji. However, I was brought up on Sado Island and moved to Kichijoji when I entered university. While it is a nice place to live at the moment, I am planning on moving in the next 12 months."

パート2で取り上げられる話題


パート2では、試験官が選んだ話題について、1~2分でスピーチすることが求められます。スピーチをする前に1分与えられますので、必要があればメモを取ったりして準備します。一度受験者がスピーチを始めたら、その間試験官は口を挟みませんが、2分経つとスピーチが終わっていなくても、やめるように指示してきます。パート2のまとめとして、スピーチが終わった後に、試験官は同じ話題に関して短い質問をしてきます。

パート2の具体例:
Describe a holiday experience you particularly liked. You should say: when / where you went, who you went with, what you did, and explain why you enjoyed this holiday.

パート2は4つの項目(この例では、いつどこへ、誰と、何をしに、なぜ)に関する情報を発表する、短いプレゼンテーションだと思ってください。ですから、うまく話を切り出す必要があります。例えば、次のような表現が役に立つでしょう。
"I'm going to tell you about ... ."
"I'd like to talk about / describe ... ."
"... is a particular holiday I really enjoyed."

具体例にある4つの項目すべてに言及する必要があるので、それぞれの項目をどうやって話し出すか考えなくてはなりません。例えば、
"The place that I went to was ... ."(場所)
"While travelling with friends is enjoyable, on this holiday I went by myself."(誰と)
"I had the chance to do many things during this holiday, for example, ... ."(何を)
"One of the reasons why I enjoyed this holiday was ... ."(理由)

これらの表現を参考に回答してみましょう。以下は回答例で、太字で示されているところが最低限必要な個所になります。
回答例:"I'd like to talk about a three-week holiday in Australia that was really enjoyable. The places I went to in Australia were Melbourne, Sydney and Byron Bay, and I travelled there in May 2006, just over a year ago. While travelling with friends is a great experience, on this holiday I went by myself because my friends in Tokyo did not have the time or money to go with me. However, I had a fantastic time travelling around these places in Australia. I had the chance to do many things during this holiday. For example, I was able to try surfing for the first time when I was in Sydney. It was very difficult. What's more, I saw fairy penguins outside of Melbourne, and they were so beautiful. Unfortunately, we were not allowed to take photos of them. One of the reasons why I enjoyed this holiday was that it was my first time in Australia and the first time I travelled alone. So it was an exciting challenge for me. As a result of being by myself, I was able to meet many other people travelling around, and could make new friends from different countries. I still keep in contact with these people. By far the greatest moment on this trip was seeing the penguins walk up the beach to their nests in the sand dunes. It was really amazing to see."

このパートで失敗してしまう理由として多いのが、時間切れで最後まできちんと答えられなかったというものです。課題に書かれた4つの項目の中で、最後の項目が最も重要であることが多いので、くれぐれも最後の項目まで時間内に答えるようにしましょう。

パート3で取り上げられる話題


パート3では、試験官はパート2で選んだ話題に関連した質問をいくつかしてきますので、受験者はそれに答え、4~5分間討論することが求められます。討論で重要なことは、まず自分の意見をはっきりと述べ、それを支持する根拠や具体例を示しつつ、理路整然と論理を展開することです。

下記の回答例では、覚えて損をしない文と、文をつなぐさまざまな連結語、表現、構文を太字で示しました。重要なことは、同じ単語、表現や構文を繰り返し使うのではなく、できるだけいろいろな単語、表現や構文を使用することです。

パート3の具体例

テーマ:The Internet and shopping

質問(Q):Why do you think people use the Internet for shopping?

回答例(A):"I think convenience is one of the main reasons people use the Internet for shopping. For example, people can use the Internet to shop at any time and place they choose. In addition, many people find it very convenient to have purchases delivered to their home address instead of going to a shop to buy the same goods."

Q:Why doesn't everyone use it in this way?

A:"Actually, I believe some people are reluctant to shop online as they prefer to see the goods in a shop before they decide to make a purchase. One problem with Internet shopping is that when the purchase arrives, the buyer may find the goods are not suitable. Furthermore, some people don't like to shop online due to security fears. By this I mean fears over the security of their credit card details."

Q:What kinds of things are easy to buy and sell online? Can you give some examples?

A:"Basically, goods that are easy to buy and sell online include goods where no physical delivery is involved, such as holidays and other travel bookings. Also, goods such as books and CDs, where there is less need for the buyer to see the goods before purchasing, are easy to buy and sell online."

Q:Do you think shopping on the Internet will be more or less popular in the future? Why?

A:"In my opinion, Internet shopping will become more popular. The reason why I think this is that future generations are likely to be more comfortable with using the technology so there will be a decrease in the number of people who are unsure of Internet shopping. As a consequence, Internet shopping might one day be the most common form of shopping."

パート3では広範囲に渡って、さまざまな話題について自分の意見を述べることが求められますので、そういった話題について英語で考えたり話したりした経験がない日本人にとっては、このパートは難しく感じられるでしょう。対策としては、例題を集め、それぞれの話題に関して尋ねられる可能性がある質問を書き出し、さらにその質問に対して考えられる限りの回答を英語で用意しておくことです。その回答をノートに書いてまとめておけば、ライティングのテスト対策にもなり、一石二鳥です。

しかし、ここで気を付けなくてはいけないのは、あらかじめ回答を丸暗記して試験に臨んではいけないということです。試験官には受験者があらかじめ回答を暗記してきたことを見抜く力があります。ですから、回答はあくまでもその場で考え、答えるようにしましょう。

本記事の著作権はILC国際語学センターに帰属します。個人での利用を除き、転載・引用を禁じます。
※本記事は、2007年に週間Student Timesに掲載された記事を転載しております。現在とは問題形式が異なる場合がございますので、必ず最新情報はご自身でお調べください。

ILC IELTS Preparation Course

IELTS対策と勉強方法 第2回:スピーキング対策~IELTSのスピーキングテストとは?~

ILC_IELTS_Preparation_Column
第2回:スピーキング対策~IELTSのスピーキングテストとは?~

IELTS のスピーキングテストは、1人の試験官と受験者による1対1のインタビュー形式で行なわれます。やり取りは録音され、後で別の試験官によってもう一度評価されることになります。
テストは3つのパートからなり、さまざまな課題を通じて、自分がいかに英語を話せるかをアピールすることが大切です。これらの課題は、受験者が多様なトピックについて英語で適切に話すことができるかどうかを測るために設定されています。

パート1(4~5分):
試験官は受験者の個人的なことや日常的なことについて質問をします。
パート2(3~4分):
試験官が選んだトピックについて、1~2分間のスピーチをします。そして、これに関連した質問がされます。もし必要があれば、1分間準備をする時間が認められます。
パート3(4~5分):
パート2のトピックに関連したことについて、試験官とディスカッションを行ないます。受験者は自分の意見や好み、どうしてそのように思うのか、理由を説明することが求められます。

3つのパートはそれぞれ同じ得点配分となっていて、以下に示す4つの基準でそれぞれ同等に評価されます。
①流ちょうさと一貫性:途切れることなく会話することができるか。自分の意見を明確に表現でき、話に矛盾がないか。
②語い:話題に合った語いを、適切で正確に使用しているか。
③文法力と正確さ:幅広くさまざまな構文を用いているか。文法的な間違いをしていないか。
④発音:自然な発音をしていて、聞き取りやすいかどうか。

これら4つの基準で評価された得点は合計され、Band Score(1~9)で表示されます。Band Score は、スピーキングについては1.0刻みで評価され、Band 9 が最高スコアとなります。

●スピーキングテストで留意すべきポイント


 スピーキングのテストですから、早口で話したり、小さな声でもごもご話したりして、試験官が聞き取れない、理解できないといった状況を作るのは得策ではありません。
常に明りょうに話すよう心掛け、できるだけ多くの情報を試験官に伝達しましょう。答える内容が少ないということは、試験官からすれば、受験者のスピーキング能力を判断する材料が限られてしまうことになります。

IELTS のスピーキングテストに適切に対応するには、正確に運用すべきポイントをよく知ることです。次の点をしっかりと押さえ、テストに備えましょう。
①自分の意見や好みを表現できること
②理由を説明することができること
③ある考えに対して賛成・反対の意見を述べることができること
④人物や状況を説明することができること
⑤比較・対照ができること
⑥過去・現在・未来について話せること
⑦重要な語句にはストレス・アクセントを置き、抑揚を付けて話せること
⑧質問に使用された動詞の時制と同じ時制で応答できること
⑨多くの種類の副詞・形容詞・時の表現が使えること


●分からないことがあれば聞いても構わない


スピーキングテストでは、論理的になるように複文を多用しましょう。そうすれば、多少の間違いがあっても、得点することができます。また、創造的にできるだけ多くの種類の単語を使うようにしましょう。正確さを求めるあまり、話が途切れ途切れになってはいけません。
テストの中で分からない単語があったり、質問の意味がよく分からないことがあった場合には、試験官に説明を求めたり、質問を繰り返して言ってもらうことが可能です。助けを求めることもコミュニケーションの一つです。こうした場合にも、適切な英語を用いるようにしましょう。

例えば、
"I'm sorry, I don't know what ______ means. Could you please tell me?"
"Excuse me, what does ______ mean?"
"I'm afraid I don't understand the question. Would you mind saying it in a different way?"
などです。

ここでは質問された事柄に関して答えるようにしなくてはいけません。試験官が質問していることに答え、受験者の方でトピックを勝手に変えてはいけません。
試験官が "Thank you." と言ったら、これは「話すのを止めてください。次の質問に移ります」という合図です。

●語いを増やし、表現の幅を広げよう


今後このコラムの中で、特定のスピーキングタスクについて詳細に見ていく予定です。ここでは典型的な質問を例に取って、スピーキングテストでどのように応答すればよいかを見ていきましょう。
ただし、以下はほんの一例に過ぎませんので、違うトピックにも対応できるように、さらに勉強して、語いを増やしたり、表現の幅を広げたりしてください。
なお、太字部分は、各ポイントに対応する語句・表現です。

(1)意見を述べ、理由を説明する

質問:What is the public transport system like in your city?
回答例:Personally, I tend to think that the public transportation in my city is inadequate. The reason why I think so is that there are not enough trains and the buses are always late. As a consequence, many people, including myself, are not satisfied with the transport service that is provided.


(2)好みを述べ、理由を説明し、比較する

質問:Do you think it is better to live in the centre of town or out in the countryside?
回答例:If I had to choose between the two, I would much rather live in the city since there are far more things for me to do there. For example, there is much more entertainment, such as theatres, galleries, restaurants and bars, and there are significantly more employment opportunities. On the other hand, a country lifestyle would be attractive because of the peace and quiet, and the fact that there is much more nature there than in the city. However, the centre of town is the best place for me.


(3)意見を述べ、理由を説明する

質問:What do you think is the best way for a tourist to travel in your country?
回答例:While there are many ways to move around Japan, in my opinion the most enjoyable way is to use the train network. The reason why I think using trains is the best way is that my country, Japan, has very efficient services to all parts of the country. A further reason is that travelling by train allows tourists to meet many local people and to see the beautiful countryside. Because of these reasons, I believe train travel is the best way for a visitor to travel around Japan.

(4)過去・現在・未来について話す

質問:What sort of things do you read? Why?
回答例:Well, when I was younger, I used to read many comics because they were funny and easy to read. However, nowadays, I tend to read a lot of university articles because I am currently studying Art History at university. While this kind of reading is useful for my studies, I would prefer to be reading books, magazines or Internet sites I personally like. So, after finishing my studies, I will concentrate on these kinds of reading materials.


(5)質問文の動詞の時制と同じ時制で応答する

質問:How will people's working conditions be different in the future?
回答例:In my opinion, employment in the future will change a lot. People will be doing a lot more work from home since the Internet will be more popular and useful in people's working lives. Also, I think more people will have their own businesses and less people will be working in big companies. In the future, I hope to start up my own company, and I am planning to retire by the age of 55.


(6)多くの種類の副詞・形容詞・時の表現を使う

質問:What effect has the tourism industry had on your country?
回答例:Historically, tourism has not had a major influence on Japan. However, these days, more and more foreign people are visiting Japan to experience its beautiful nature and unique culture. This is a good thing because people can learn many important things about one another. Learning about other countries and teaching people about my wonderful country are the positive effects of tourism. I want to see this beneficial exchange continue in the future.


実際に質問されるであろうさまざまなトピックにも、本稿でポイントとして挙げた項目が応用できるように、不断の努力を怠らないでください。スピーキングテストに備えるには、とにかく英語を日常的に話すことです。

次回は、スピーキングテストの3つのパートについて、さらに詳細に見ていきます。

本記事の著作権はILC国際語学センターに帰属します。個人での利用を除き、転載・引用を禁じます。
※本記事は、2007年に週間Student Timesに掲載された記事を転載しております。現在とは問題形式が異なる場合がございますので、必ず最新情報はご自身でお調べください。

ILC IELTS Preparation Course

IELTS対策と勉強方法 第1回:最近注目を集めている IELTSとは? 

ILC_IELTS_Preparation_Column
IELTS対策と勉強方法 第1回目:最近注目を集めている IELTSとは?

IELTS は、英連邦諸国(イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなど)への留学を希望する人(英語を母国語としない人)を対象とする英語運用能力試験のことで、International English Language Testing System の略です。一般に、北米に留学を希望する人は TOEFL® を受験し、英連邦諸国に留学する人は IELTS を受験します。ですが最近では、アメリカの多くの大学でも IELTS スコアによる出願を認める傾向にあります。英連邦諸国の大学も TOEFL® スコアによる出願を認めていますが、英語運用能力不足の理由で条件付合格(Conditional Offer)となった場合には、渡航後、英語準備コースの受講と IELTS の受験を求められるケースが多いようです。

冒頭で、IELTS は留学希望者を対象にしていると言いましたが、IELTS には Academic Module と General Training Module の2種類があります。大学及び大学院への留学を希望する人は Academic Module を受験します。一方、英連邦諸国への移住を希望する人や、高校(Secondary School)、職業訓練コース(Vocational Training Courses)で学びたい人は、General Training Module を受験します。本稿では、圧倒的に受験者が多い Academic Module に限り解説していきます。

IELTS は1989年に初めて実施されたテストで、以下に挙げる3つの機関によって運営されています。
1)University of Cambridge ESOL Examinations (Cambridge ESOL):「ケンブリッジ英検」をはじめ、英語学習者向け各種テストを提供している機関
2)IDP:IELTS Australia:オーストラリアの国際教育機関で、英語学習者向けに英語教授、試験、出版などの幅広い活動をしている機関
3)British Council:教育機会の提供と文化活動に関するイギリスの国際機関
IELTS のオフィシャルウェブサイトは http://www.ielts.org/ です。もちろんサイト上の情報はすべて英語です。IELTS を受験しようとする人は、日本語の情報だけに頼らず、必ずこの種のサイトから直接情報を収集してください。また、前記3つの機関のウェブサイトにも訪問することをお勧めします。


●TOEFLi®BTとの比較


IELTS と TOEFL® のいずれも、留学を希望する人が、入学後の学生生活を送るに足る英語運用能力を十分に持っているかを測るテストです。TOEFL® は、この学生生活を送るに足る英語運用能力をより正確に診断するテストを目指し、TOEFL® iBT に移行されました(TOEFL® iBT に関しては、週刊ST2006年4月から2007年3月の各月最終週号を参照)。結果として、このTOEFL®iBT の試験内容は IELTS に近づいた形になっており(IELTS の内容は次回以降で解説します)、日本人にとってタフな試験になったと言えるでしょう。このことは日本の英語教育に一石を投じているとも言えます。つまり、IELTS や TOEFL®iBT が測る英語運用能力を習得させる教育が、日本に存在するか否かが問われているのです。これは、中学や高校でのいわゆる「学校英語」のみならず、大学での教育、さらに言えば英語教育機関すべてに対して当てはまるのではないのでしょうか。

IELTS は、海外の試験会場の一部ではコンピューターで受験する CB IELTS が導入されていますが、日本では現在のところ、紙の試験(Paper-Based)のみです。
ここで、IELTS について理解を深めるため、TOEFL® と比較をしてみます。

IELTS、TOEFL® のいずれの試験も、Reading 部門のパッセージが長いものであることが分かります。英語圏の学部や大学院では、授業の予習のために、大量の読むべき論文、資料などが学生に対して課されます。したがって、受験者が高い「読む力」を持っているか否かを判定するため、IELTS も TOEFL® も長いパッセージを用意しています。

●IELTS を通して英語運用能力を高めよう


日本の英語教育は、アメリカ英語が主流ですので、イギリス英語とアメリカ英語の違いを心配されている方もいると思います。両者間には、スペル、表現、文法上の違いなどが確かにあります。しかし、IELTS においてアメリカ英語のスペルで解答しても採点に影響を与えません。ただし、同じ単語でイギリスとアメリカで意味が異なるものなどは知っておく必要があるでしょう。発音については、イギリス英語に慣れるしかありません。人によっては、音と音がつながって発音されるアメリカ英語よりイギリス英語の方が聞き取りやすい場合もあります。

TOEFL®iBT は、デジタル社会アメリカを象徴する試験であり、解答するためのコンピュータースキルやタイピングスキルも必要になってきます。一方、Paper-Based IELTS は、アメリカと比べるとアナログ的なものを多く残しているイギリス社会を象徴しているようにも思えます。
現在、IELTS の受験者は、中国で増えています。これには、要求されている TOEFL® スコアを取ったとしても、ビザの取得などでアメリカに留学するのが難しいという認識が、中国の人たちに広がっている事情があるようです。日本でも IELTS 受験のための勉強をしている人が増えているような傾向が見受けられます。

IELTS 受験に向けて勉強することは、「話す」「聞く」「読む」「書く」の4技能をバランス良く修得することにもつながると思います。留学を希望しているわけではない学生や一般の英語学習者にも、IELTS の勉強をお勧めします。

本記事の著作権はILC国際語学センターに帰属します。個人での利用を除き、転載・引用を禁じます。
※本記事は、2007年に週間Student Timesに掲載された記事を転載しております。現在とは問題形式が異なる場合がございますので、必ず最新情報はご自身でお調べください。

ILC IELTS Preparation Course

Copyright © ILC国際語学センター 東京校 All Rights Reserved.