GLLTコース  ILC国際語学センター大阪校

MENU

GLLTコース

GLLTコース

グローバルなビジネスシーンでは、異文化や価値観の違いを理解した上で コミュニケーションを図ることができ、リーダーシップを発揮できる人材が求められます。
GLLT コースでは、様々なビジネスシチュエーションに 特化した英語スキルに焦点をあて、論理性と説得力のある英語力を養成します。 受講生ご自身の必要なスキルにあわせて、レッスンをカスタマイズすることができます。


gllt


コースの紹介


【1】リーダーに求められる英語スキルを習得
授業ではロールプレイやケーススタディなどの実践的なトレーニングを通じて、ビジネスを円滑に進めることのできる英語コミュニケーション能力の向上を目指します。

【2】企業での教授経験や実務経験の豊富な教師が授業を担当
ILCの採用基準を満たし、TESOL/CELTA等をはじめとする国際的な英語教師資格を有し、様々な企業での教授経験や実務経験が豊富な教師陣が担当いたします。

【3】実践的なオリジナル教材
ビジネスシチュエーション別に、日本人の弱点を研究した、ILC オリジナル教材を使用します。実際のビジネスの上でも役立つフレーズ集はさらに学習効果を高めていきます。


受講をお薦めしたい方


●管理職や経営幹部候補などグローバル社会で活躍するリーダーの方
●国際業務に携わっている方
●実践的に使える英語力を必要としている方


モジュール紹介

Logical Discussion - ロジカルディスカッション -

ビジネス・ディスカッションを行う上で、筋道が通りかつ論理的に議論ができる英語力を養成していきます。
議論を組み立て、自分の意見を主張することや相手の意見に反論できる、効果的かつ説得力のある表現力、言い回しやフレーズを習得していきます。

授業内容

自分の意見を述べる 賛成・反対・中立の立場の意見を述べる
反論する 議論の組み立て(演繹法、帰納法、議論や方針)
説得力のある議論を展開する  
Meetings - ミーティング -

議長やリーダーとして、フォーマル及びインフォーマルなミーティングを効率的に進行できることを目指します。
会議の開催案内から運営・進行まで円滑にすすめられる英語コミュニケーション力を磨いていきます。

授業内容

会議を設定する 会議の開催を案内する(アジェンダの作成)
会議を進める―開会宣言、議長の役割、議題にそって討議
を進める、会議の締めくくり―
議事録作成
テレフォンミーティング、テレビミーティング、ネットミーティング  
Presentation - プレゼンテーション ー

効果的なビジネスプレゼンテーションが実施できるように、準備から説得力のある発表の仕方までを学びます。
受講生は資料を作成し、プレゼンテーションまで実践的に行い、自信を持って情報を正確に伝え、
相手と取引ができる英語力の向上を目標とします。

授業内容

プレゼンテーションの組み立て アウトライン作成(導入→本論→まとめ)スライド作成
導入部・本論部・まとめ部・質疑応答の英語表現 スライド作成
デリバリー
(態度、アイ・コンタクト、ボディ・ラインゲージなど)
聴き手のニーズを把握する
Negotiation - ネゴシエーション -

様々な交渉の戦略やプロセスを知り、取引を成功へと導けるような英語力を磨きネゴシエーションの方法を身につけていきます。

授業内容

交渉用語(BATNA)、役立つ英語表現 交渉準備
交渉戦術 紛争解決交渉
分配的交渉(Win-Lose) 統合的交渉(Win-Win)
交渉のコツ ケーススタディ
Business E-Mail Writing / Short Report -ビジネスライティング-

ビジネスライティングによるコミュニケーションは非常に重要です。自分の意思を正確かつ簡潔に相手に伝えることができる英語表現や言い回しを習得していきます。様々なビジネスシチュエーションで説得力のあるE メールやショートレポートの書き方を学んでいきます。

授業内容

E メールの基本的なレイアウト 問い合わせとそれに対する返信
E メールとレポートの構成の違い クレームに対する謝罪文の書き方
依頼文に対する返信 メモとショートレポートの違い
Cross-Cultural Awareness / Socializing /Telephoning -異文化理解/電話応対-

ビジネスの成功のためには、コミュニケーションの相手側の背景にある文化の違いを理解していることと、自分の国の文化に対する認識が高いことは、非常に重要となります。グローバルビジネスにおいて、異文化理解や異文化対応に対する普遍的なアプローチは存在しません。したがって世界基準の理解を勝ち取るため、順応性と適応性を持ったコミュニケーションを習得します。

授業内容

パーティーや会食でのショートトーク 自国の文化を紹介する 失礼のない挨拶や自己紹介の方法
電話を受ける・かける アポイントを取る・メッセージを残す・取る  
Reading and Discussion from News Articles - ニュースで学ぶビジネス時事英語 -

英字新聞の記事を使用しリーディング力とスピーキング力を強化します。受講生が英字新聞からトピックを選び、ディスカッションを行います。自社や自分の業務に関連した記事を題材に、ビジネスボギャブラリーやフレーズなどを学びます。毎回の授業では、20 以上のビジネスボギャブラリーの習得を目指し、復習テストを行うことで学習したことをきちんと身につけます。

授業内容

記事をもとにしたディスカッション 記事のリーディング 単語の復習テスト
Opinion Essay with Speaking - オピニオン・エッセイ -

英語ライティングの基本であるエッセイを書きながら論理的に書く訓練を積んでいきます。授業は5 つのパラグラフで構成し、各パラグラフを300ワードで書いていく練習をしていきます。さらにそのテーマについてディスカッションを行い、スピーキング力も強化していきます。論理的な考え方や表現方法も身につけるので、TOEIC® テストのライティング対策やE メールなどにも効果的です。

授業内容

エッセイの構造を知る(導入→本論→結論) エッセイでよく使われるフレーズの習得

卒業生の声

I以前勤務していた会社の研修でILCを利用したさい、担当教師の教え方が非常に良かったので、プライベートレッスンの受講も決めました。Presentationでは、実際に業務で使用するプレゼン資料を作成し、それに沿って先生からアドバイスをもらうことができました。内容が具体的かつ実践的なので、そのまま実際のビジネスに応用できますし、英語でものを考える訓練にもなりました。また、海外に文書を送るさいにも、文章の構成や効果的な書き方を今まで以上に工夫できるようになりました。ILCの授業では一般的な英語や会話だけでなく、受講生のニーズにあった内容を工夫してきちんと教えてもらえるのがありがたいです。教材は既存のものではなく、ILCオリジナル教材を使っていたので、授業も充実していたという実感があります。私は、英語で困ったことがあったら、ILCへ行くというスタイルをとっています。安心して学べる環境を確保することも、目標を達成するための重要な要素だと思います。

卒業生の声

ILCのGLLTコースを受講した理由は、教師と授業の質の高さにひかれたからです。今の先生ほど研究熱心な方に出会ったことがありません。毎回授業の初めに、自分の日常業務の内容を英語で教師に説明します。一通り説明した後、テキストで学習したポイントと結びつくようなアドバイスを頂けることが役立っています。また同時に、生徒の話をよく理解するため、会社に関する新聞記事や仕事に関する情報(私の場合は経理関係です)があればそのコピーを与えてくださいます。授業に臨む先生の姿勢に、いつも敬服と共に、私もそれ相当に用意していかなければ、と思います。海外にある本社や他支店とのコミュニケーションで英語を使う頻度がますます高くなっているので、まずは英語でのコミュニケーションを完璧にとれるようにしたいです。


受講モデルケース

モデルケース1:海外本社とのテレフォン会議で相手を英語で論理的に説得したい。

【ポイント】Logical Discussion and Argumentation では、論理的な文章の組み立て方や、筋道をたてて論理的に議論ができる 英語力を身につけます。また Logical Discussion and Argumentation で学んだ英語力をもとに、Presentation・Meeting それぞれのシチュエーションで、相手に正確かつわかりやすく伝える英語力の向上を目指します。


モデルケース 2:ライティングスキルを向上させたい。

【ポイント】Business E-mail Writing / Short Report では、様々なビジネスシチュエーションで説得力のある E メールやショートレポートの書き方を学んでいきます。 Business E-mail Writing / Short Report で学んだことをもとに Opinion Essay with Speaking ではさらにライティング力を磨きます。

企業研修お申込み

TEL 06-6245-8560 月・火・木・金 10:00~21:00 水・土 10:00~18:30 日祝 定休

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © ILC国際語学センター 大阪校 All Rights Reserved.