Q&A  ILC国際語学センター大阪校

MENU

Q&A

Q&A

Q. どのくらい英語力があれば入学できますか
A. 入門の方から上級レベルの方まで全てのレベルの方に入学していただけます。
ただし、レベルによってお入りいただけるコースは違ってきますので、入学前にレベルチェックを受け、カウンセリングを受けられるようになっています(無料)
Q. レッスン日時は決まった日以外はないのですか
A. 生徒一人一人のレベルアップをしっかりサポートするため、 一人の担当講師で決まったクラスを受講していただけるよう、 グループレッスンは基本的には固定曜日・時間となります。
また、プライベートレッスンの場合は、事前にご予約をしていただいて都合の良い日時だけレッスンを受講することが可能です。
Q. 先生は決まった先生ですか
A. 基本的には、1学期間(半年)は同じ先生のレッスンです。
毎回違う先生だと、レッスンの進め方に戸惑ったり、毎回自己紹介をしなければならなかったりして、なかなかレッスンが進みませんが、担任の先生に教わると、生徒個々人の長所や弱点を的確に把握し、レベルアップをしっかりサポートしてもらえるからです。
もちろん、クラスが合わない、などの問題を抱えた場合には、カウンセラーに相談していただければ対応します。
Q. イギリス英語とアメリカ英語のどちらを使いますか
A. ILCはもともと英国のInternational Houseが開校した歴史のある老舗英会話スクールですので、イギリス英語を求めてレッスンに来られる生徒さんも数多くおられます。そのような方には、イギリス英語ができる先生のレッスンをご案内しています。
その他、先生はイギリス人・アメリカ人・カナダ人をはじめ、国籍は色々です。先生によって多少、英語の表現が違いますが、
基本的に英会話レッスンは標準英語です。
また、アメリカに留学する予定があるので・・・といった方やアメリカ英語を身につけたい!という方には、アメリカ人のレッスン受講は勿論、アメリカ英語の発音を身につけるための『発音矯正レッスン』もご案内できます。
具体的なご要望がある場合にはレッスンを開始される前に、カウンセラーにお伝え下さい。
Q. 受講期間は決まっていますか
A. あります。
基本的には毎年4月~9月の春期と10月~翌年3月までの秋期です。
英会話は継続がとても大切です。でも、だらだら続けていると、目標を見失ってしまったり、成果が見えなくなってしまう場合があるので、それを防ぐために『半年』という区切りを設けています。半年ごとに、先生からプログレスレポート(担任の先生から各個々人の現状とこれからの学習アドバイスが書かれたもの)が出されますので、 新たな目標を持って次の学期の受講コースを検討して下さい。その際には、カウンセラーにもご相談下さい。
その他、受講期間が自由なプライベートレッスンや短期集中型のコースもありますので、お気軽にご相談下さい。
Q. 途中入学はできますか
A. 定員に余裕がある場合は途中入学もできます。レベルチェックを受けていただいて、お入りいただけるコースをご案内します。
Q. 途中でコースの変更はできますか
A. 仕事の都合でレッスンに参加できなくなった、など、やむを得ない事情がある場合は、コース変更のご相談を承っております。また、受講レベルが合わない、などの悩みを抱えたまま、受講を続けるようなことがないように、コース開始後・途中・終了前にカウンセラーがカウンセリングをしますので、お気軽にご相談下さい。
Q. レッスンを休まなければならない時は、別の日に受講を振り替えることができますか
A. 各クラスの生徒さんに合わせた進度でレッスンが進んでいるので、担任制のグループレッスンを受講していただいている場合は、他のクラスに振り替えることはできません。休む旨をあらかじめ電話などでお伝えいただければ、その日のレッスン内容や宿題などを、後日お伝えします。
プライベートレッスンを受講していただいている場合は、事前の申し出により、日時を振り替えることができます。電話もしくはメールで、予約日の前日(前日が日・祝の場合はその2日前)の午後3時までにご連絡下さい。
※上記の時間を過ぎますと、予定が確定してしまうため、振り替えることはできず、お休みされる場合でも 1回レッスンを消化したこととなります。ご了承下さい。
Q. 英検とTOEICでは、どういう違いがあるのですか。対策はどうすればいいですか
A. まず、試験形式が違います。TOEICはリスニング・リーディングの2セクションから成る全問マークシート試験です。結果はスコアで出るので合否はありません。
英検は、リスニング・リーディングから成る一次試験に合格した上で、面接官とのスピーキングテストである2次試験があります。結果は、1次と2次試験の総合点数で合否が決まります。
Q. 英検とTOEICはどちらを受ければよいですか
A. 学生さんなら、スピーキングを含め、総合的な英語学習をしながら英検のレベルに合う級を受けることをお勧めします。また、就職活動を始める2年前~社会人の方は、以下のメリット・デメリットをふまえて上手に選択されるとよいでしょう。
●TOEICは、受験日から1ヶ月程度の短期間で結果がでます。履歴書に書きたい時や、会社に提出するのに便利です。
●結果が合否で出る英検は、合格すれば、一定レベルの英語力を持っているという強力な証明となります。ただし、年に3回しか実施されないので早め準備しておくことが大切です。
●TOEICは2ヶ月に一度のペースで試験が行われているので、受けたいときに受けることができ、その都度、スコアアップすれば英語力証明を短期間ずつ塗り替えることができます。
●高い英語力を必要とする企業の場合、TOEICスコアを履歴書に書くと、l先方が求めているスコアに達していない場合、アピールが裏目にでることがあります。提出先企業の情報を十分入手してからアピールしましょう。
●試験問題の内容は、英検は主に一般英語が対象ですが、TOEICは主にビジネス英語を対象にしていまsすので、企業側はTOEICのスコアを重視することが多いと言われています。
また、実際に仕事で英語を使うことを考えている方は、試験対策しながらビジネス語彙や表現を身につけ、その後役に立てることができます。
ただし、英検1級・準1級というのは、定評のある英語力証明ですし、『スピーキングもできる』という、TOEICとは違ったインパクトを与える証明になりますので、長い目では、英検準1級・1級を目指して学習し、受験することには大きな意義があります。
→ILCで対策するなら、
プライベートレッスンだと個人にぴったりのレベルでオリジナルカリキュラムを作成のもと、レッスンを展開します。
Q. 近々英語でプレゼンテーションをしなければならない予定があるのですが、どのように準備すればいいでしょうか。ILCでサポートしてもらえますか。
A. まずは、プレゼンテーションの内容を日本語でいいので できるだけ早めに原稿にまとめて下さい。また、どのような分野のプレゼンなのか、発表日はいつなのか、を先にILCにお伝え下さい。カウンセラーが、その分野に秀でている先生にサポートの依頼をします。
ご自分で英語で書ける場合は、勉強になりますので一度取り組んで見てください。同時に、原稿をILCに提出してください。先生が目を通します。
原稿がある程度つまってきたところで、英文添削(全く英語に自信がない方は、こちらで翻訳を承ります)とプレゼン発表の練習に入ります。
コースは『翻訳&スピーチレッスン』でプライベートレッスンとなります。

TEL 06-6245-8560 月・火・木・金 10:00~21:00 水・土 10:00~18:30 日祝 定休

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © ILC国際語学センター 大阪校 All Rights Reserved.