修了生

受講⽣に寄り添ってプログラムを組んでくれる学校です。

坂部由紀子さん

受講歴: プライベートレッスン、ビジネス和⽂英訳講座を受講。
私立中学校の音楽科教諭。

最初はプライベートレッスンで

ILC国際語学センターとの出会いは、今から20年前のこと。私は都内の私⽴中学校で⾳楽科教諭をしていますが、学校から突然、⽣徒を引率して海外研修に⾏くよう⾔われたんです。そのために急きょ英会話を勉強する必要に迫られ、この学校のプライベートレッスンを受けたのです。その後も教育の国際会議などで海外へ⾏く前に、実際の場⾯をシミュレーションしながらという英会話のレッスンを受けていました。

2014年から2016年にかけて、イギリスで⼤学院⽣活を送りました。その間ずっと、⾃分の⾔いたいことをもっと⾃然な英語で表現したいと感じていたのです。また、当時の指導教官から「このメール⽂はイギリスではちょっとそぐわない感じになる」などと指摘されたこともあり、帰国後、「ビジネス和⽂英訳講座」の受講を決めました。

受講⽣の訳⽂を活かした添削

初めの課題は、⽂字通り真っ⾚に添削されて戻ってきました。でも、アントニー先⽣は、常によい部分をほめつつ、私の訳⽂を活かした添削指導をしてくださるので、モチベーションが下がることはなかったですね。途中、少し英語の⽂章に慣れてきた頃、私が少し凝った英⽂を作ろうとしたとき、「もう少し簡潔に書いてごらんなさい」と指摘されて、ハッと気づいたんです。相⼿に伝える⽅法は持って回った⽂でなくていいのですね。こういう点が特に、ネイティブ翻訳者が⽇本語で解説する授業の素晴らしさだと思います。

授業では受講⽣たちの課題を全員で⾒るのですが、同じ訳はありません。それぞれ特徴があったり、いい表現があったりと、間違った箇所も含めてとても勉強になりましたね。課題提出の締め切りに毎週追われて⼤変ではありましたが、クラスの仲間との交流もあり、この授業を受けた3カ⽉は、とても楽しく充実した時間でした。