よくある質問Q&A  ILC国際語学センター東京校

よくある質問Q&A

よくある質問Q&A

Q. 開講時期、開講講座の時間帯を教えてください。
A. 通常講座(6ヶ月間)の開講時期は、410で、東京校のWEBページ左にある「受講コース・料金一覧」のページで、各コースの開講期間、スケジュール、料金がご覧いただけます。
また資料をご請求いただければ、ご郵送します。
なお、4月と10月以外にも、短期講座・セミナーを開催しています。最新情報は、東京校WEBトップページからお確かめいただくことが出来ます。
Q. いつどのコースから始めたらよいかよく分りません。目安のようなものがあったら、教えてください。
A. コース選択に際し、入学前に「レベルチェックテスト」の受験をお願いしています。このテストの診断結果をもとに、いずれのコースから受講可能かをご案内しております。

受講に必要な英語力の目安として、各専門コースは、TOEIC800点以上、英検準1級程度の実力をお持ちで、すでに何らかの翻訳の経験がある方を対象としています。

初めて翻訳の学習を始められる方には、ビジネス和文英訳講座で翻訳のベーシックスキルをしっかりと身につけられ、専門分野に進まれることをお勧めしています。ただし、英語力イコール翻訳力ということはなく、翻訳には、日本語力や背景知識、PCスキルなども必要になってきます。ILCの「レベルチェックテスト」でも総合的な能力をみた上で、コースを決定しております。
会社での業務上、翻訳スキルの学習を必要とされる方については、必要な専門分野からの学習も可能ですのでご相談ください。
Q. 入学時、英語力以外に専門分野の内容について詳しくなければ実務翻訳者にはなれませんか。
A. 金融業の経験のある方が金融翻訳者に、あるいは、薬剤師の方がメディカル翻訳者となる場合、その経験は有利に働きます。しかし、ILCの受講生の8割以上文系出身者であり、経験の無い分野にチャレンジし、卒業後たくさんの方がそうした分野の翻訳者として活躍しています。

翻訳者に必要な専門知識とは、翻訳原文に書いてあることを理解できる程度の知識をさします。研究者になろうという訳ではないので、その分野の基礎知識が得られる本を何冊か読んでいただいて、翻訳者としての専門知識を得ることが重要です。
Q. 専門コースの初級と上級の違いは何でしょうか。
A. 基本的に、初級では翻訳者としての基本スキルと、専門分野の知識習得をメインに、その分野独特の翻訳スキルを学習します。
上級では実践的な翻訳演習をメインに、初級で学習したことを定着させ、トライアル合格をめざします。カリキュラムや使用教材は、各コースのページをご覧ください。
Q. 翻訳課題の内容は日本語から英語ですか、英語から日本語ですか?
A. コースによって英訳・和訳の割合は異なりますが、全コースとも和訳を中心にしたカリキュラムになります。
和訳にしろ英訳にしろ、ILCでは日本語力が第一と考えています。英訳の際も日本語の原文を十分に理解することが不可欠ですし、日本語の文章からいきなり英語に訳すのではなく、英語に訳すことのできる日本語にまず訳すこと(日日訳)が大切だからです。また、和訳の学習で、たくさんの英文に触れることを通じて、英語の語彙や表現力をつけることは可能だからです。
Q. トライアルとは何ですか。
A. トライアルとは各翻訳会社から課される採用試験・登録試験のことです。翻訳会社それぞれに試験分野は違い、問題形式も若干異なります。ILCのコース編成はトライアルの試験分野と大きなズレのないように構成されています。
この登録試験に合格すると、翻訳会社へ登録ができ、仕事を受注することができます。
Q. 在宅翻訳者を目指しています。キャリアサポートはありますか。
A. ILCでは、所定のコース(初級・上級ある場合は上級)を修了した方を対象に、提携している翻訳会社のトライアル(登録試験)の受験の機会をご提供しています。現在ILCにトライアルを提供いただいている翻訳会社は19社あります。翻訳会社のトライアルに合格することで、在宅翻訳者としての道が拓かれます。
Q. どのコースを修了すると、トライアルを受ける資格がもらえますか。
A. ビジネス一般文書翻訳および、専門分野別コースでも「初級(概論)」では各専門分野に共通する翻訳者として重要な基本スキルの習得に多くの時間を割きます。上級コースは特に翻訳演習を中心とした内容です。
以上の理由から、専門コース(初級・上級がある場合は上級コース)を修了後トライアルを受ける資格が得られます。
Q. トライアルに合格できない場合は、どうしたらいいでしょうか。
A. ILC卒業生のトライアルの合格率は、2012年秋受験で63.1%でした。

コース修了後2年間は、ILCのトライアル受験の案内をお送りしております。1回合格できなかったからといって、翻訳者になることができないということはありません。講座修了後、学習を継続せずに時間が経つと合格は当然難しくなりますが、通信などでのフォローアップ講座もあります(全分野対象ではありません)。翻訳会社との相性やタイミングもありますので、あきらめずに何度もトライしてください。

また、ILCでは、在宅でのお仕事以外にも、派遣のお仕事や、翻訳会社での翻訳コーディネータやチェッカーの仕事もご紹介していますので、カウンセラーにご相談ください。



各翻訳コースについての質問

Q. 課題はどれくらい出ますか?
A. 各コースによって異なりますが、1回の課題につきA4用紙で一枚前後です。授業の進み具合、課題提出の状況などによって調整が行われます。A4数ページにわたる場合は、提出期限が延ばされたり、数回に分けて提出日が設定されることもあります。
Q. 課題の提出期限はありますか?
A. ILCでは、どのコースにおいても、次の授業の前に講師が添削をし、授業中に答案の検討や出来のよくなかった部分の復習などを行います。ですので、課題が出されて3~4日で、答案を提出するよう指示されます。
原則、週末を課題の答案作成に使うことが出来るように設定されています。

メディカル翻訳コースについてのご質問

Q. メディカル翻訳上級コースから受講することは可能ですか?
A. 過去に例はあります。製薬業界にお勤めで英語力の優れた方やすでにプロのメディカル翻訳業務に携わっている方などの場合に、よくよくご相談の上検討させていただいています。上級コースから受講をご希望の方は予めご相談ください。

その他気になる点や質問したいことがございましたら、個別カウンセリングを承っております。

個別カウンセリング申し込み

TEL 03-3568-1674 受付/月・金9:30~20:30 土10:00~17:00 日祝定休

Copyright © ILC国際語学センター 東京校 All Rights Reserved.