医療英語コミュニケーションⅠ・Ⅱ  ILC国際語学センター大阪校

MENU

医療英語コミュニケーションⅠ・Ⅱ

医療英語コミュニケーションⅠ・Ⅱ

外国人対応が必要な医療従事者のための医療英語 コミュニケーション編Ⅰ・Ⅱ

日本の医療現場では、外国人患者とのより確かな外国語でのコミュニケーション能力が求められています。患者受け入れから退院指導などまでの看護業務で使える実践的な英語コミュニケーション力を習得する講座です。5回のロールプレイで、実際に外国人との対応を体験し、実践に活かします。医療従事者など医療現場で活躍されている方、またはこれから海外の医療機関で活躍したいとお考えの方に最適な講座です。

3つの特長

1 医療現場ですぐに使える英会話が学べる !
2 英語の総合力(リスニング・スピーキング・ライティング・リーディング・ボキャブラリー)アップを目指す !
3 豊富なロールプレイで実践に活かせる!
  • ※外国人講師とのロールプレイレッスンが、含まれています。

受講推奨レベル

TOEIC500点程度

カリキュラム例

本カリキュラムはⅠ(前期)とⅡ(後期)で組まれています。ⅠとⅡはどちらから受講してもかまいません。

●医療英語 コミュニケーション編Ⅰ
初診時の対応1 あいさつ、診療申込書、初診説明、保険証・紹介状の確認
初診時の対応2 再診説明、保険の種類、診断書、支払いの確認
ロールプレイ
症状の表現1 痛みの表現、体の部位の名称
症状の表現2 様々な症状の表現
ロールプレイ
既往歴・家族歴 病気の名前、既往歴、家族例の聞き方
生活習慣 アレルギー、生活習慣
ロールプレイ
10 病院案内 診療科の名称、方向や位置表現
11 病棟案内 病棟内物品および日課の説明
12 ロールプレイ
13 バイタルサイン 血圧、脈拍、体温測定
14 診察時の表現 身体計測、診察時の表現
15 ロールプレイ
16 試験

●医療英語 コミュニケーション編Ⅱ
救急時の対応 応急処置、救急時の対応
歯科衛生 歯周病、歯磨き指導
ロールプレイ
検査・処置 検査の説明(血液検査、画像検査) 点滴の説明 同意書
手術前後の対応 術前準備、不安を取り除く声掛け、手術後の痛みの対応
ロールプレイ
整形外科 前十字靭帯損傷患者のケア リハビリ
薬の説明 薬の種類、服用方法の説明
ロールプレイ
10 日常生活動作 ADLチェック表
11 退院時の指導 生活指導(運動指導、食事指導)
12 ロールプレイ
13 創傷ケア・会計 創傷ケア
14 カルテ カルテに出てくる用語 略語
15 ロールプレイ
16 試験

開講期間・受講料(I・II共通)

開講期間
(年2回)
春期:4月-8月 / 秋期:11月-3月
時間数 1回120分 全15回+期末テスト
スケジュール 医療英語 コミュニケーション編 I・II 土曜日クラス 15:00-17:00
受講料 175,000円 (税抜 162,037円)
※入学金不要
教材費 5,500円 (税抜 5,093円)
使用テキスト 「Nursing English in Action ~Invest in your future~」
※監修: IPEC 理事・看護英語教育ワーキンググループ委員長
名古屋大学大学院医学系研究科基礎・臨床看護学講座教授
医学博士・看護学博士 山内豊明

>> 2012年の潜入レポートはこちら



TEL 06-6245-8560 月・火・木・金 10:00~21:00 水・土 10:00~18:30 日祝 定休

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © ILC国際語学センター 大阪校 All Rights Reserved.