特許翻訳コース  ILC国際語学センター大阪校

MENU

特許翻訳コース

特許翻訳コース

こんな人に最適


特許翻訳で扱う特許明細書は、発明者の権利を保護し、その発明技術を第三者に開示することから、法律文書としての役割と技術文書としての役割を持っています。特許翻訳では正確に訳すことと同時に、法律文書としてのパターンをつかむ事が重要な鍵となります。同コースは、こうした知識をはじめ、特許特有の翻訳方法や調査力、支援ツールの使用方法をマスターしたい人に最適です。


ILCの特許翻訳コースでは次のことをマスターします


【基礎】
身近な特許製品を題材として扱いながら、特許翻訳の基本的なルールを学習し、難しいというイメージのある「特許翻訳」に対する苦手意識を取り除くことから始めます。特許翻訳の専門分野が、まだ定まっていない方にも受講できるよう、様々な技術分野の特許を題材としながら学びます。また、将来仕事を受注時に困らないよう、仕事をスタートしたときにぶつかる不安や疑問点などについても対処できるよう指導します。

【応用】
英訳・和訳の演習に交互に取り組みながら実践的な力を身につけます。また特許申請の中間処理から、間違えやすい訳のパターンの理解を深めます。


カリキュラム


特許明細の特有表現や考え方、基本的な日本語/英語特許の構造と、その両者の差、用語、表現の習得、インターネットによる納品方法、ネット検索による特定分野の特許および関連情報収集法、翻訳ソフト及び支援ソフトの使用実例、通信文英訳・和訳、中間処理から学ぶ和訳の知識、間違えやすい訳語の学習。


時間数 1回140分  全19回
受講料 基礎 170,000円(税抜157,407円) 教材費5,500円(税抜5093円)別
応用 178,000円(税抜164,814円) 教材費5,500円(税抜5093円)別
※初めて、ILCのコースを受講される方は、入学金25,000円(税込)が別途必要です。


講師紹介


中野 秀治
大阪大学工学部通信工学科卒業。オムロン㈱でソフトウェア開発、技術企画・調査、マーケティング、技術英語研修講師、英文カタログ・マニュアル制作などを担当。現在はフリーランスで主に特許翻訳に携わる。


■中井 馨
大阪大学基礎工学部材料工学科卒業。シャープ(株)にて集積回路の技術開発に取り組み、シャープ子会社にて特許調査、特許・技術翻訳に携わり、また翻訳チェッカー、コーディネーターを担当。現在は電気、機械系を専門とするフリーランス特許翻訳者

翻訳力テストを受験する

メールでのお問い合わせ、資料請求はこちら

TEL 06-6245-8560 月・火・木・金 10:00~21:00 水・土 10:00~18:30 日祝 定休

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © ILC国際語学センター 大阪校 All Rights Reserved.