9月18日(日)「メディカル英語スペシャルデー」を開催いたしました。

第1部では「看護師・医療従事者のための『現場ですぐに使える』医療英会話セミナー」を行いました。
当日は、30名以上(看護師24名、助産師2名、その他の医療従事者5名)の方々が受講してくださいました。

今回は「問診」、特に「現病歴の聴取」に焦点を当てたてセミナーを開催しました。
問診に関する語彙から始まり、症状(特に痛み)・罹患期間などについての尋ね方を学び、
最後には患者のシナリオを自分たちで作り、看護師と患者のやり取りのロールプレイを実際に行いました。
最初は少し遠慮がちに発言されていた受講生の皆様でしたが、ロールプレイを行う頃には声も大きくなり、しっかりと英語でやり取りができていました。
ノートを取られる方も多く、勉強への熱意を感じました。

◎参加者の声◎
・英語は苦手だけどすぐに使える内容でよかったです。(看護師)
・これだけは覚えるといい!というフレーズのポイントを絞って教えてくれたのでよ かったです。(助産師)
・今まで、どこから勉強を始めたらよいか、わからなかったので、スタートするきっかけになりました。(看護師)
・私は、受付で医療事務としてですが、患者さんから英語で痛みを訴えられたときがあり、なかなか理解ができないでいました。今回、痛みの表現や症状を聞き出すフレーズを学べてよかったです。(医療事務)

今後も引き続き医療の場で頑張る皆様に、現場で使える英会話を学べる機会を提供してまいります!

今回セミナーをご担当いただきました小口順子先生が担当する看護英語コミュニケーション講座Ⅰは2016年10月から開講予定です!
授業では、入退院時における実際の医療現場で遭遇する場面を想定し、基本的な語彙や英語表現を習得します。多くのロールプレイを取り入れ、実践的な英語コミュニケーション力の向上を目指します。
講座の詳細はこちらからご覧いただけます!