What's new  ILC国際語学センター東京

What's new

【修了生・在校生限定】 翻訳チェッカー 求人情報

翻訳チェッカー

語学力を活かしたい方や将来フリーランスか社内翻訳者を目指している方におススメのお仕事です!
大手メーカーなどの製品マニュアルの翻訳を手掛ける会社でチェッカーの業務をお任せします。
勤務日数や時間についてもフレキシブルに相談できるので、仕事をしながら勉強の時間を確保したい方などにピッタリです。

【時給】1750円
 ★想定月収 245,000円(1750円×7時間×20日)

【勤務地】
神谷町駅から徒歩4分、虎ノ門駅より徒歩6分

【勤務曜日】
※勤務日数はご相談ください!
月~金(土日祝日休み) 
休日休暇
土日祝

【勤務時間】
10:00~18:00(休憩1時間、実働7時間) 
※残業はほとんどありません。
時短勤務をご希望の方はご相談ください。

【期間】
即日~長期

【仕事内容】
Tradosを使用した翻訳チェック業務(日⇔英)
・原文と訳文を読み比べ、内容が正しく翻訳されているかをチェックしてください。

具体的には下記のチェック・修正をして頂きます。
・誤訳、訳抜け
・誤字脱字、スペルミス
・専門用語、頻出用語の表記ゆれ
・数字などの転記ミス

【作業の進め方について】
・専門用語が多いため、用語集を使用してチェックを進めて頂きます。
・使用するソフトはWord、ExcelやTrados2011、2014などです。

【応募資格・条件】
・Tradosを使用したチェック経験がある方
・英語力(TOEIC800程度)

お申込は、「お問合せ・資料請求」フォームより必要事項をご記入の上、
「お問合せ内容」にご希望のお仕事をご記入下さい。
追ってご連絡いたします。

主任教師John先生によるミニレッスン:【第6回目】Progressive Verb Phrasesについて

皆さんこんにちは。
ILC国際語学センターです。

John先生のミニレッスン、第6回目は「Progressive Verb Phrases」についてです。

------------------------------------------------------------------
Progressive Verb Phrases
A common problem Japanese students encounter when expressing themselves in English is the use of the progressive (or continuous) tense. Remember, in English the progressive tense form of verbs indicates a present ongoing action at the time of speaking such as “working on a project” or a future short-term action, such as “going out for dinner after work”.
In both cases, the idea of short-term or temporary condition is important; some kind of ending of the event is expected in a relatively short period of time. This is probably the main source of the problems Japanese students have with using this correctly in English. There is a wider application of this tense in Japanese. In English, other verb phrases would be used in some cases.
Typical problems include the use of the progressive for long-term, or regular, activities, such as living somewhere, working at a company. Students often say, “I am living in Tokyo…” or “I am working at Company Name…”. These should be expressed in the present tense in English: “I work at ILC.” or “I live in Kamakura.” Because these are regular ongoing activities, not short-term, project-like, activities.
Another common problem is the use of the progressive to indicate a long-term state resulting from an event such as knowing (or learning) something, or being married. Students might say, “I am knowing …(something)…” rather than the required present tense “I know…(something)…”, or “I am marrying…” to describe the state of their situation, rather than “I am married…” using the predicate adjective form. Similarly, for ownership, “Are you owning a car?” should be “Do you own a car?”, again using the present tense.
All the above situations can be expressed in Japanese using the “…ている” form, which is the progressive form, so naturally, the student might assume the same English verb phrase form for similar situations.
Sometimes this type of problem does not reveal itself because the situation fits reasonably well into the requirements of progressive tense usage. For example, from the example above about living somewhere, I always need to check if that place is a company dormitory. If it is, then the progressive is okay because we think that at some point in the not-so-distant future, they will move out of the dormitory, so it can be considered a short-term activity.
Similarly, in ice-breaking situations, the student will often ask a visitor to the company “Where are you living?” This is where the problem changes from verb tense, which is correctly used, to word choice. The question should be “Where are you staying?” indicating a short-term activity—probably at a hotel with the word “stay” and not the long-term with the word “live”.

------------------------------------------------------------------

次回は2月下旬に更新予定です。

※John先生が開発したグローバルリーダー向け英語プログラムは、様々なビジネスシチュエーションに特化した英語スキルに焦点をあて、論理性と説得力のある英語力を養成します。
詳細はこちらからお問い合わせください。

bana_gllt2

担当教師

sennsei

John Mukts (ILC企業研修主任)

日本での英語教授歴20年以上、数々の企業にてビジネスパーソンやグローバルリーダー向け英語研修を担当。ILCの主任教師としてプレゼンテーション・ミーティングなどのビジネスに焦点をおいたGLLT(Global Leadership Language Training)コース開発やオリジナルテキスト開発に従事。

【修了生・在校生限定】 和文英訳翻訳者(IR・金融)求人情報

 和文英訳翻訳者(IR・金融)求人情報

IR支援企業でのIRや財務諸表などの和文英訳をお任せします。
金融・証券の知識/IRの知識をお持ちであれば業務に生かすことができます。
担当いただく業務は、和文英訳、英文ライティング・校正をお任せします。

【募集職種】和文英訳翻訳者
【仕事内容】
・和文英訳
 ※アニュアルレポート、説明会資料、財務関係資料など
・英文ライティング
・英文校正

<業務の流れ・範囲>
営業職から、お客様のIR情報などの資料(日本語版)が渡されるので、その資料を英訳していただき、チェッカー担当(校閲担当)に渡すまでが業務範囲となります。

【勤務形態】紹介予定派遣
※就業開始から3か月後に契約社員登用
※契約社員から正社員登用の可能性有

【勤務時間】月~金 9:30~17:30
【応募資格】
必要な経験
・IRやアニュアルレポートの翻訳や校正などの経験
・日本語能力
※外国籍の方はネイティブレベルの日本語が必須です

【待遇】1,900円 
    ※想定月収:266,000円(1,900円×7H×20日を想定)

【勤務地および最寄り駅】
各線 五反田駅より徒歩4分
東急池上線 大崎広小路駅より徒歩10分

【各種手当】
・福利厚生
・社会保険加入
・別途業績賞与(1.5ヶ月分)
・交通費全額支給
・従業員持株会
・残業時の軽食支給など

お申込は、「お問合せ・資料請求」フォームより必要事項をご記入の上、
「お問合せ内容」にご希望のお仕事をご記入下さい。
追ってご連絡いたします。

【修了生・在校生限定】 翻訳チェッカー(金融)求人情報

翻訳チェッカー(金融)

決算短信や株主招集通知など、企業の決算関係書類の翻訳物に誤りがないかを確認するお仕事です。
就業先で書類作成のルールやコツなどをきっちり研修してくれますので、今は財務関連の知識がない方でも、安心してご就業いただけます。

【募集職種】翻訳チェッカー(金融)
【仕事内容】
IR関連文書(株主総会招集通知、決算短信等)の英訳文書作成に関わるチェック業務
・日本語の原稿を英語にした際に、間違った翻訳をしていないか、訳せてない文章がないか、数字の転記ミスがないかを確認し、必要があれば修正します。
・Wordで作成した表のレイアウトが英語に翻訳した際に崩れてしまった場合、綺麗に整えて頂きます。
・金額などの数字を間違いがないように英語版資料に転記します。

※財務関係の基礎知識や書類作成時のポイントなどは入社後3週間ほどの研修で身につけて頂けます。
 ご自身で翻訳して頂くことはないのでご安心ください。

【勤務形態】派遣社員
【期間】2017年1月中旬~5月下旬まで 
【勤務時間】9:30~17:30(休憩1時間)

【応募資格】
必要な経験
・TOEIC900点以上、英検準1級以上の英語力をお持ちの方 ※リスニング・スピーキングは不要です。

【待遇】1750円
【勤務地および最寄り駅】JR浜松町駅より徒歩3分、各線大門駅より徒歩4分

お申込は、「お問合せ・資料請求」フォームより必要事項をご記入の上、
「お問合せ内容」にご希望のお仕事をご記入下さい。
追ってご連絡いたします。

【修了生・在校生限定】 翻訳コーディネーター求人情報

翻訳コーディネーター

【募集職種】翻訳コーディネーター+翻訳/レビュー業務
【仕事内容】品質・工数管理、翻訳・レビューと、翻訳に関わる一連業務

【具体的には】
・翻訳者への指示・フィードバック
・納品物・DTP/ビルド後のチェック
・用語集、スタイルガイドの管理など
・スケジューリング、翻訳者手配
・社内外の関係者との英語/日本語によるコミュニケーション
・翻訳/レビュー(英→日)

【勤務形態】派遣社員
【勤務時間】月~金 9:30~18:30

【応募資格】
必要な経験
・翻訳コーディネーターのご経験 ※経験年数は問いません
【待遇】2,000円(交通費含む) 
    ※月収32万(2,000円×8H×20日を想定)

【勤務地および最寄り駅】各線 中目黒駅より徒歩2分

お申込は、「お問合せ・資料請求」フォームより必要事項をご記入の上、
「お問合せ内容」にご希望のお仕事をご記入下さい。
追ってご連絡いたします。

【修了生・在校生限定】 翻訳+事務アシスタント求人情報

翻訳+事務アシスタント

大手設計事務所での翻訳+事務アシスタントのお仕事です。
建築に関係する、契約書・設計書などの翻訳(日⇔英)を中心に、アメリカの関連法規や報道などの情報収集もお任せします。
1ヶ月の引継ぎ期間がありますので、業界未経験の方でも実業務に慣れる期間がとれます。

【募集職種】翻訳+事務アシスタント
【仕事内容】海外向け建築部門での翻訳+事務アシスタント

【具体的には】
・契約書・図面・見積書などの翻訳(日⇔英)
・建築に関わる関連法規・報道などの情報収集
・業務報告書の作成など

<業務についての補足>
入社日から1ヵ月間は前任者からの引継ぎがありますので業務になれていただきやすい環境です。
報告書作成などはテンプレートがありますので、難しい関数の使用等は必要ございません。

【勤務形態】派遣社員
【期間】4月1日~長期
【勤務時間】月~木 9:30~18:00 金 9:30~17:30(金曜は早帰りデー)

【応募資格】
・必要な経験
翻訳のご経験(目安として2年以上)
TOEICスコア 800以上の方
※800未満の方もご相談下さい

【待遇】2100円(交通費含む)
※月収例:310800円(2100円×(7.5H×16日+7H×4日)想定)

【勤務地および最寄り駅】
 JR京葉線 潮見駅より徒歩3分

お申込は、「お問合せ・資料請求」フォームより必要事項をご記入の上、
「お問合せ内容」にご希望のお仕事をご記入下さい。
追ってご連絡いたします。

主任教師John先生によるミニレッスン:【第5回目】「wish」と「hope」の違いについて

皆さんこんにちは。
ILC国際語学センターです。

John先生のミニレッスン、第5回目は「wish」と「hope」の違いについてです。


------------------------------------------------------------------
Wish and Hope

The words wish and hope have two slightly different meanings. Many aspects of these words are the same: They can be verbs or nouns, and they generally look to the future for some event to come to be. When should we use wish and when should we use hope?
If you think that there is a likelihood or expectation of the future event coming true, then hope is used. Hoping is more like a reasonable expectation of success for an achievable target, or for an aspiration.
If there is a lower likelihood of the future event coming true, then wish is used. Wishing is more like saying a prayer where divine intervention is needed in a hopeless situation (We do not say “wish-less” situation), or the event happening by a magical event. A wish is also used in an impossible situation such as a regret for a past action.
Some examples will help here:
“I hope I pass the exam next week.” (I have studied very hard and expect to pass.)
“I hope to become a successful business person.” (I went to business school and have started a company.)
“I wish for world peace.” (Spoken by a person who thinks world peace is difficult to achieve.)
“I hope for world peace.” (Spoken by a person who desires world peace and considers it achievable.)
“The man wishes he hadn`t bought that expensive car.” (The man bought the car on impulse and now regrets it.)
Another expression, “to hope against hope”, is to hope for something when you know that it will probably not happen, possibly indicating the time for wishing to begin. When all hope is lost, we begin wishing. For example, “We're hoping against hope that they survived the crash.”
However, a change in the expectation of the hoped-for event leads to a deferred hope: “Hope deferred makes a heart sick” (Bible, Proverbs xiii. 12).
Similarly, for wishing, “Be careful what you wish for because it might come true!” is a common expression that implies that the divine intervention, if attained, may not be beneficial for you.
We often say “I wish you well.” This is like “I pray for your well-being.”, not “I hope you well”. We assume that the future is a little uncertain.
On the other hand, for a more immediate situation such as a telephone call or in an email message, we can say “I hope you are well.”, not “I wish you are well.” This implies that there is a higher expectation of the person being well because you are actually talking to him or her at the moment, and chances are that the person is well.
After looking over these examples, I hope you will be able to use these words effectively, and I wish you well in your communication activities.



------------------------------------------------------------------

次回は1月下旬に更新予定です。

※John先生が開発したグローバルリーダー向け英語プログラムは、様々なビジネスシチュエーションに特化した英語スキルに焦点をあて、論理性と説得力のある英語力を養成します。
詳細はこちらからお問い合わせください。


bana_gllt2

担当教師

sennsei

John Mukts (ILC企業研修主任)

日本での英語教授歴20年以上、数々の企業にてビジネスパーソンやグローバルリーダー向け英語研修を担当。ILCの主任教師としてプレゼンテーション・ミーティングなどのビジネスに焦点をおいたGLLT(Global Leadership Language Training)コース開発やオリジナルテキスト開発に従事。

「あなたならどう英訳しますか?」第4回目:「次回はぜひとも弊社のこだわりの新商品を紹介させていただきます。」の訳例

「あなたならどう英訳しますか?」。
日本語特有の表現や英訳しづらい日本語を題材に、英語ネイティブ翻訳者が和文英訳のコツを紹介していきます!

第4回目の課題は「次回はぜひとも弊社のこだわりの新商品を紹介させていただきます。」

皆さんどのように英訳されましたか?それでは訳例を見てみましょう!

---------------------------------------------------------------------

訳例:
1. I would like to describe one of our most distinctive new products at our next meeting.
2. I would very much like to present one of the products that we are most proud of at our next meeting.
3. I would like to offer a brief description of our unique new product at our next meeting.
4. I look forward to talking about one of our unique new products at our next meeting.


一つ大事なポイントは「introduce」「紹介する」という言葉は全ての訳例文に登場していません。
不可能ではないですが、「introduce」はどうしても「人を紹介する」「新しい考えやアイディアを紹介する」という使い方が主流です。
今回の課題文に対する英訳で「introduce」を使うことはどうしても少し不自然に感じますが、意味は十分に伝わります。

課題文3つのポイント:
1.「ぜひとも」を独立した言葉にすべきか、それか他のところで強調する言葉を入れるか。

「ぜひとも」を定訳のように「独立した言葉」として英訳するのは難しいですね。
それより「ぜひ~したい」という風に考えて、「I would like to」または「I would very much like to」を使うことを勧めます。
「I would very much like to」のほうが強い「意気込み」を表現しますが、「I would like to」だけでも十分に丁寧な表現です。


2.「こだわりの」という日本語独特の表現をどう英訳するのか。(直訳できるかそれに近いニュアンスの英語はあるのか)
「こだわりの」に相当するぴったりの英語もありません。
そうなりますと「こだわりの」に近い意味合いを持つ言葉を探す必要があります。
訳例では「distinctive」「特徴的」、「unique」「独特の」を使用していますが、
2つめの文では「that we are most proud of」「我々が最も誇りに思う」を使っています。
少し長い表現になっていますが、意外と日本語の「こだわりの」に近い意味を持っています。
英語の発想では「自社の商品を誇りに思う」という考え方はごく普通です。
(日本語では「プライド」が少し否定的なニュアンスを含む場合が多いですが、英語の「proud of~」はほとんどの場合肯定的な意味合いを持っています)


3. 全体を通して、相手が会社役員ということで、丁寧な英語が求められます。
特に最後の「紹介させていただきます」のところに注意しましょう。(「丁寧すぎる」にならないように注意する必要があります)


これは少し難しいところですね。日本語の「~させていただきます」は簡単に英訳できません。
「Please allow me to~」という表現はもちろんありますが、「許可を得たい」といったニュアンスがあるため相手は多分違和感を覚えると思います。
そして、実は「Please...」といった依頼の表現が実はあまり丁寧ではありません。
「~をしてください」のようなニュアンスだけで、丁寧とは言えない表現です。
一つの手は「With your permission,...」を使うことは可能ですが、丁寧すぎるという印象を与える確率が高いと思います。
従って、「I would very much like to」に留まっていいと思います。

訳例文1~3は全部丁寧な英語ですね。
例文4は少し砕けた言い方ですので、よく知っている中がいい人以外は使わないほうがいいと言えます。
また、例文4に関して「させていただきます」というニュアンスは弱いですね。

ダメな英訳例:
1. I’m going to describe our particular new product at our next meeting.
まず、「I’m going to」はこの場合上から目線の言葉になります、つまり相手の立場に配慮していない印象を与えます。
「こだわりに」として「particular」という英語が検索サイトによく出ますが、「特定の(個別の)」という意味で、
今回の「こだわりの」というニュアンスは含まれていないと思います。

2. I plan to discuss our special new product at our next meeting.
「I plan to」は上記の「I’m going to」と同じく、あまり丁寧と言えません。
自分の主張だけが表現され、相手の立場に配慮していない。

「こだわりの」を「special」と英訳するのは絶対ダメとは言えません。
場合や状況によって「意訳」として採用することは可能ですね。
しかし厳密な英訳を考えると「special」「特別な」の意味は「こだわりの」と少し違います。

3. I want to describe our fantastic new product at the next meeting.
「I want to」は正直あり得ないですね。一般的に「I want to」が子供が使うような英語です。
直接的かつ強い言葉ですね。大人なら「I would like to」に切り替えましょう。
また、「fantastic」は「凄い・実に素晴らしい」というニュアンスで、かなり砕けた言葉です。
取り引き相手の役員には使えません!(宣伝用のパンフなどでの使用は可能です)

---------------------------------------------------------------------

★講座情報★
アントニー先生が担当する「ビジネス文書和文英訳講座」は、議事録やビジネスレター、パワーポイントなどの各種ビジネス文書を題材に、和文英訳のノウハウを伝授します。
授業はすべて日本語で解説しますので、翻訳が始めて野方でもご受講いただけます。
ぜひご受講をお待ちしております!

ビジネス文書和文英訳講座の詳細はこちら>>
bana_biz

担当教師

anthony_fisher

ILC専任ビジネス英語教師・日英翻訳者
アンソニー フィッシャー先生

ケンブリッジ大学・ケンブリッジ大学院卒業。CELTA取得。日本語検定1級保持。20年以上にわたり各種ビジネス文書の実務翻訳に従事している。
官公庁や元官房長官のスピーチ、国務大臣の挨拶の和文英訳経験なども持つ。

「あなたならどう英訳しますか?」第4回目:「次回はぜひとも弊社のこだわりの新商品を紹介させていただきます。」

英語ネイティブ翻訳者の先生が解説する「あなたならどう英訳しますか?」。
日本語特有の表現や英訳しづらい日本語を題材に、和文英訳のコツを紹介していきます!

第4回目の課題です。

【ビジネスシチュエーション】

presentation_woman
あなたは先日取引相手の会社で自社の商品のプレゼンテーションを行い、感触がわりと良かったという印象を受けました。
そこで、あなたは別の会議を設定し、新商品を売り込みたいと考えており、次の文を外国人役員に送りたいと思います。

「次回はぜひとも弊社のこだわりの新商品を紹介させていただきます。」

ポイントは3つ:
1.「ぜひとも」を独立した言葉にすべきか、それか他のところで強調する言葉を入れるか。
2.「こだわりの」という日本語独特の表現をどう英訳するのか。(直訳できるかそれに近いニュアンスの英語はあるのか)
3.全体を通して、相手が会社役員ということで、丁寧な英語が求められます。
特に最後の「紹介させていただきます」のところに注意しましょう。(「丁寧すぎる」にならないように注意する必要があります)

正解とコメントは年明け1/5(木) にILCブログに掲載予定です。
あなたの英訳を楽しみにしています!

主任教師John先生によるミニレッスン:【第4回目】EmpathyとSympathyの違い

皆さんこんにちは。
ILC国際語学センターです。

John先生のミニレッスン、第4回目はEmpathyとSympathyの違いについてです。

早速John先生の解説を見てみましょう。

Empathy or Sympathy?


In the GLLT Presentation course, we often say you need to empathize with your audience when giving a presentation; "step into their shoes"; be them! Then, use that understanding to plan your presentation. However, you can also sympathize with their work situation, especially if it is a difficult one; "understand where they are coming from". This idea of sameness, or similarity is common to both words, empathy and sympathy. How can we differentiate between these words? There are similar elements in both words, and, yes, it can be confusing.

Looking at the etymology might help. Both words are formed from “pathos” the Greek word for emotion. The word sympathy is from syn, "together" + pathos, "feeling", a “fellow feeling”. Others along with yourself are involved in experiencing a community of feelings, typically, a feeling of support for another person, or the feeling that you care about and are sorry about someone else's trouble, grief, misfortune, etc. You feel the same characteristics of the group. You don’t need to feel the actual emotion, but you can imagine what that feeling would be like.
On the other hand, empathy is from en, "in" + pathos, "feeling"; it’s an “in-feeling”, a passion state of emotion, a projection of the quality or emotion viewed in the mind's eye. Empathy IS feeling what others feel, not just understanding what they feel or just giving support. It is feeling the same emotion as the other.
Another way to look at this difference in meanings comes from art appreciation. I am sure we have all experienced listening to our favorite song or have looked at a great artwork and have been moved emotionally. The work of art resonates within us; it somehow defines who we are. We commune with it; we and the art we attend to are one. This is empathy, the viewer's ability to project his personality and feelings into the viewed object.

In other words, getting back to the GLLT presentation situation, when we empathize with our audience, we understand them in a much deeper way than just recognizing their difficult work situations (sympathy). Because empathy is a union of feelings, the presenter adjusts his or her delivery to get the audience to project that feeling back onto the delivered message. The speaker’s passion connects with the audience; the audience feels the passion and projects similar feelings back onto the speaker and the message. This connection is the empathy attained in successful presentations.
If this is still confusing to you, one last way to make this distinction clearer will be as simple as surfing for web images for these words on the Internet. Search “empathy” and you get a wide variety of philosophical sayings, motivational images, and leadership qualities; search “sympathy” and all you get are sympathy cards!

Connecting emotionally is empathy, directly being, or emotional equality; connecting rationally is sympathy, mirroring or duplicating a similarity. From the art example above, empathy is the gift of the appreciation of the experienced passion of beauty; sympathy is the card you send to the one who lacks empathy.

次回は1月中旬に更新予定です。

※John先生が開発したグローバルリーダー向け英語プログラムは、様々なビジネスシチュエーションに特化した英語スキルに焦点をあて、論理性と説得力のある英語力を養成します。
詳細はこちらからお問い合わせください。


bana_gllt2

担当教師

sennsei

John Mukts (ILC企業研修主任)

国際的な英語教師資格TESOL取得。数々の企業にてビジネスパーソンやグローバルリーダー向け英語研修を20年以上担当。プレゼンテーション・ミーティングなどのビジネスに焦点をおいたILCオリジナルビジネス英語プログラムGLLT(Global Leadership Language Training)の開発にも従事。ビジネスに直結した指導と、ポイントを明確かつ丁寧に教えるティーチングスタイルは、初級者から上級者まで、幅広い受講層から高い評価を得ている。

「あなたならどう英訳しますか?」第3回目:「やむを得ない事情によりご辞退申し上げます。」の訳例

「あなたならどう英訳しますか?」。
日本語特有の表現や英訳しづらい日本語を題材に、英語ネイティブ翻訳者が和文英訳のコツを紹介していきます!

第3回目の課題は「やむを得ない事情によりご辞退申し上げます。」

皆さんどのように英訳されましたか?それでは訳例を見てみましょう!

---------------------------------------------------------------------

訳例:
1. Due to unavoidable circumstances, I regret that I am unable to...
2. Due to unavoidable / unforeseen circumstances, I have no choice but to withdraw from...
3. Because of circumstances beyond my control, I have to pull out of...


1つ目・2つ目の文の「Due to unavoidable circumstances」は日本語の「やむを得ない事情により」を意味します。
直訳すると「避けられない状況のため」となりますが、これは定番の「決まり文句」となっていますので、丁寧な断り方としてよく使われます。
なお、日本語でも英語でも「事情」は普通詳しく書く必要はないですね(相手と中がいい関係の場合以外)

「not able to」と「unable to」の違いですが、「unable to」のほうが丁寧な表現になります。
「not able to」は、スピーキングの場面で「物理的にできない」という意味を表す言葉です。
例えば「I am not able to complete this report today.」=「物理的に今日中にこのレポートを完成させることができない」というような使い方です。
ライティングでは、「unable to」のほうが丁寧です。
「His desk is not tidy.」→「His desk is untidy.」にしたほうが「賢い英語」に聞こえます。

2つ目の文の「unforeseen」は「予測できなかった・予測不可能な」という意味で、
結果的に同じ意味になりますが、もう少し「自分の責任ではない」といったニュアンスが強いと思います。

文の後半として、1つ目の「I regret that I am unable to (attend the research meeting)」は一般的かつ丁寧な表現です。
「自分が参加できないことは残念です」、「参加したかった」というニュアンスは十分に伝わるはずです。

2つ目の「I have no choice but to withdraw from (the research meeting)」という表現は丁寧ですが、1つ目の文ほど丁寧ではない気がします。
「辞退する以外に選択肢がない」というニュアンスですね。
自分より上の立場の人に書く場合は1を勧めますが、2つ目の文も普通に丁寧な表現になります。

3つ目の文は砕けた言い方の例文です。
相手とは仲がいい、年齢または地位があまり相違していない場合は使えますが、
相手と面識がない場合は使わないほうがよいでしょう。
「Because of」は「Due to」より砕けた表現ですし、
そして最後の「pull out of」はかなりカジュアルな表現で、「手を引く・白紙に戻す」というようなニュアンスになります。
仲のいい相手であればまったく問題ないと思いますが、
それ以外の場合はこの「pull out of」は失礼に当たるので、使い方に気をつけてください。

なども使えます。

ダメな英訳例:
Sorry, but I can’t attend the meeting.
あまりにも軽いですね、失礼な言い方です。

Unfortunately, I am not able to attend the meeting.
「Unfortunately,」はまだ少し軽いですね、でも「Sorry」よりまだ少し丁寧です。
「not able to」より「unable to」のほうが丁寧ですね。

Because of a difficult situation, I have to reject my participation in the meeting.
まず、「difficult situation」の意味が不明確で、この状況では英語では使えないですね。
また、「reject」はよく辞書に載っていますが、「reject a proposal」=「提案を受け入れない」という意味合いです。
今回の課題文で使うと「拒否する」という極めて失礼な英語になりますので絶対使わないように!

---------------------------------------------------------------------

★講座情報★
アントニー先生が担当する「ビジネス文書和文英訳講座」は、議事録やビジネスレター、パワーポイントなどの各種ビジネス文書を題材に、和文英訳のノウハウを伝授します。
授業はすべて日本語で解説しますので、翻訳が始めて野方でもご受講いただけます。
ぜひご受講をお待ちしております!

ビジネス文書和文英訳講座の詳細はこちら>>
bana_biz

担当教師

anthony_fisher

ILC専任ビジネス英語教師・日英翻訳者
アンソニー フィッシャー先生

ケンブリッジ大学・ケンブリッジ大学院卒業。CELTA取得。日本語検定1級保持。20年以上にわたり各種ビジネス文書の実務翻訳に従事している。
官公庁や元官房長官のスピーチ、国務大臣の挨拶の和文英訳経験なども持つ。

「あなたならどう英訳しますか?」第3回目:「やむを得ない事情によりご辞退申し上げます。」

英語ネイティブ翻訳者の先生が解説する「あなたならどう英訳しますか?」。
日本語特有の表現や英訳しづらい日本語を題材に、和文英訳のコツを紹介していきます!

第3回目の課題です。

【ビジネスシチュエーション】

isogashii_woman
あなたは取引相手の会社で開催される研究会議に参加すると約束していましたが、
急遽同じ日に自分の会社の上司にプレゼンテーションを行うことが命じられました。
相手会社の担当者に断りの連絡をいれることになりましたが、本当の理由は言いたくないという状況です。
そこで、次のように伝えようと思っています。

「やむを得ない事情によりご辞退申し上げます。」

ポイントは2つ:
1.「やむを得ない事情」の処理の方法です。
失礼にならない程度の曖昧さで表現することが必要ですね。

2.「ご辞退申し上げます」
英語でどのように丁寧に断ればいいのか?とお困りの方も多いのではないでしょうか。
注意点としては、日本語はかなり丁寧な敬語になっていますが、果たして英語ではそこまで丁寧な表現を使う必要があるかどうかです。
引き続き取引社とのいい関係を保ちたいが、自分の業務をどうしても優先させなければならないという難しい状況ですね。

正解とコメントは12/23(金) にILCブログに掲載予定です。
あなたの英訳を楽しみにしています!

---------------------------------------------------------------------

★講座情報★
アントニー先生が担当する「ビジネス文書和文英訳講座」は、議事録やビジネスレター、パワーポイントなどの各種ビジネス文書を題材に、和文英訳のノウハウを伝授します。
授業はすべて日本語で解説しますので、翻訳が始めて野方でもご受講いただけます。
ぜひご受講をお待ちしております!

ビジネス文書和文英訳講座の詳細はこちら>>

bana_biz

担当教師

anthony_fisher

ILC専任ビジネス英語教師・日英翻訳者
アンソニー フィッシャー先生

ケンブリッジ大学・ケンブリッジ大学院卒業。CELTA取得。日本語検定1級保持。20年以上にわたり各種ビジネス文書の実務翻訳に従事している。
官公庁や元官房長官のスピーチ、国務大臣の挨拶の和文英訳経験なども持つ。

Copyright © ILC国際語学センター 東京校 All Rights Reserved.